「心配」にまつわる記事

【ガチ話】「ねずみ講」のこと「〇〇〇」と発した男の話 / あるいは人間の『言い間違いの限界』について

人間生きていれば失敗の1つや2つは常に起こる得る。中でも “言い間違い” なんて失敗とさえ言わないレベルの些細なことなのかもしれないが、それが10回、20回、30回……と続いていくと周囲の人は心配になるものだ。

これからお話するのは全て混じり気なしのピュアな実話である。主人公の名前はYoshio──。普段はなかなか表側に顔を出さない、ロケットニュース24のエラい人だ。

続きを全部読む

【心配】生まれ変わったかっぱ寿司さん、はりきって1万円のうな重を発売へ

ロゴからトレードマークの河童が姿を消し、新たに生まれ変わったかっぱ寿司。スシロー・くら寿司・はま寿司との “回転寿司戦争” では一人負けとされる中、起死回生の一手に期待したいところだ。

そんな中、かっぱ寿司が夏向けの特別商品として「1万円のうな重」を発売すると発表した。かっぱ寿司が……1万円のうな重だと……? リーズナブルで知られるかっぱ寿司だけに驚きを隠せないが、ぶっちゃけちょっと心配だ……大丈夫か、かっぱ寿司?

続きを全部読む

心配してしまっているが「実は心配しなくてもいい」10のこと / 例「ガムを飲み込む」「指をポキポキ鳴らす」など

どんな人でも心配事だったり不安に思うことは尽きない。これは人間が危険を察知し、生き延びていくために本能的に備わっている大事な感情でもある。

しかし、間違った情報や噂を信じてしまい、心配しなくてもいいのに恐れてしまっていることも世の中にはたくさんある。ということで今回は、海外サイトに掲載されていた「実は心配しなくていい10のこと」を紹介しよう。

続きを全部読む

悩み過ぎ注意! 「人は人生の5年分もの時間を何かに悩むことに費やしている」との調査結果

考えても考えても解決するわけではないのに、考え出したら止まらないやっかいな悩み事。きっと誰にでもひとつやふたつあるはずだ。でも、考え過ぎる傾向がある人は少し気をつけたほうが良いだろう。自分が思っている以上に時間を無駄にしているかもしれない。

最新の調査によると、人は1日のうち約2時間何かを思い悩んでいることが判明したそうだ。これは成人してからの一生で考えると、なんと約5年分にも相当するという。

続きを全部読む

不安を克服する10の方法

心配性のそこのあなた。悩んでも仕方のないこととわかっていても、不安に駆られてしまうことはないだろうか。

就職試験の面接、会社のプレゼン、子どもの学校での問題などが、頭の中をグルグル……夜ベッドに入っても、眠ろうとすればするほど考えが止まらない。そして人前に出ても、失敗したらと考えるほどアガってしまう。

何とかならないかと周りに助言を求めても、「考え過ぎるなよ」とか「ポジティブにいこうよ」とか、毒にも薬にもならないアドバイスばかり。もっと具体的な解決策が欲しい! そんな方に、認知心理学の第一人者ロバート・L・リーヒー博士による「不安を克服する10の方法」をご紹介したい。
 
続きを全部読む