「山本食品」にまつわる記事

物価の高騰は干し蕎麦にまで影響していた!?【家そば放浪記】第65束:西友で買った、山本かじの(山本食品)『元祖十割そば』税込386円(1人前193円)

久々に我がホームであるスーパーマーケット「西友」の乾麺コーナーに行ったら、腰を抜かしそうになった。めちゃんこ値上がりしとるやんけ!! 以前にもメモ的に写真を撮っておいたので間違いない。値上がりしてる!

たとえば、“いつもあるから” と買い時を逃し続けていた山本かじの(山本食品)『元祖十割そば』なんて、約2ヶ月前は税込321円だったのに、今は税込386円! 物価の高騰は、干し蕎麦にまで影響していたのか──!?

続きを全部読む

生そばに勝ってるよ【家そば放浪記】第59束:自然食糧品店グルッペで買った、山本食品『信州そば麺の逸品 秘伝の蔵出し そば粉八割使用』税込399円(1人前133円)

よく「引き寄せの法則」というが、「引き蕎麦の法則」というのもあると思う。というのも、お店の蕎麦棚を眺め、「あ、これ美味そうだな……」と手に取り、ふとパッケージ裏面の製造者を確認すると──

_人人人人人人人_
> 山本食品! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

──である確率が異常に高いのである。そんな山本食品が現在ランキング1位3位を死守しているのも、もしかしたら「引き蕎麦の法則」が発動されているのかもしれない。そして今回もまた、パケ裏を確認すると……

続きを全部読む

衝撃の連続!【家そば放浪記】第57束:自然食糧品店「グルッペ」で買った、イチカラ畑(山本食品)『魚沼産 全粒そば粉100% 十割そば』税込626円(1人前313円)

体に悪いものは扱わない、意識高めな “自然食糧品店” というものがある。あまり利用することはないのだが、なんとなく「蕎麦も売ってるのかな〜」と覗いてみたところ……あったあった、ありまくり〜っ!

その中でも、とりわけ私の興味を引いたのが、『魚沼産 全粒そば粉100% 十割そば』なる商品。「イチカラ畑」と聞いたことないメーカーだが、新潟県は魚沼産の蕎麦粉というのは、けっこう珍しいのではないか? と踏んだのだ。魚沼産といえば米が美味いし。

しかしそれ以上に、私を驚かすことがパッケージ裏には書いてあった──

続きを全部読む

店と客が推す蕎麦、食べた瞬間勝負あり!【家そば放浪記】第37束:ピーコックストアで買った山本食品『特選そば 十割そば専用工場謹製』税込410円(1人前205円)

その蕎麦は、パッケージの “圧” からスゴかった。とりわけ乾麺コーナーの中で輝いて……いや、己の存在を主張していた。赤文字で「うまいそば造り一筋」ときて、豪快に「特選そば」ときて、「十割そば専用工場謹製」。

しかも蕎麦棚をよく見ると、ピーコックストアの「バイヤーズセレクション」の印まで価格表のところに書いてあった。「おすすめ品」はよくあるが、「バイヤーズセレクション」は初の対面。さらに読者さまからもリクエストが届いていた。店と客が推す蕎麦とは、いかほどの実力なのか……? 期待を胸に、食べてみた!

続きを全部読む