「亀有」にまつわる記事

【立ちそば放浪記】下町に息づく昭和の忘れ形見!『亀有そば』で激推しされてるカレーを食べてみた!! 葛飾区亀有

マクドナルドやバーガーキングなど、ハンバーガーは現代ファーストフードの代名詞だ。だが、日本には昔からハンバーガーチェーンに負けないファーストフードが存在する。そう、立ち食いそば屋だ

スマイルほどキラキラしていないけれど、どことなく温もりと人情を感じるはにかみ笑い。私(中澤)は、立ち食いそば屋のそんな雰囲気が好きである。中でも、亀有駅前にある「亀有そば」は外観からすでに語っていた。「自分、不器用ですから」と。

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】こちら葛飾区亀有公園前そば屋! 確実に両さんが通ってそうな『鈴しげ』に行ってみた!!

下町風情あふれる葛飾区亀有。亀有と言えば、マンガ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』という人も多いだろう。歩くだけで両さんや中川の銅像があったり、お巡りさんが「両さんがいる体」で受け答えしてくれたり、ファンにとっては夢の国

ただ1つ残念なことと言えば、亀有公園前には派出所がないこと。そのかわりと言ってはなんだが、立ち食いそば屋があったので入ってみた。これは確実に両さんが通ってるヤーツ!

続きを全部読む

【裏ワザ】亀有っ子直伝! こち亀を無料で読む方法がコレだ!!

こち亀こと、こちら葛飾区亀有公園前派出所。1976年から40年に渡り連載され、コミックは200巻を刊行、「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス世界記録にも登録された日本を代表する人気漫画である。

老若男女問わず愛されているこち亀だが、200巻を揃えようとすると、金銭的にも収納スペース的にもなかなかヘビーなことは否めない。ところがどっこい、なんと「こち亀を無料で読む方法」があるというのだ。マママ……マジかよ!

続きを全部読む

【激ウマ】ご飯を覆い隠すから揚げの嵐が700円! 東京・亀有「ダイコク堂」のランチ限定『から揚げ丼』がスゲー!!

子供から大人まで人気の揚げ物料理といえば、から揚げだ。中でも揚げたてはジューシーで、サクサクした衣の食感も最高。

そんなから揚げをお腹いっぱい味わえるお店を、東京の下町・亀有で発見してしまった。その名は大衆居酒屋『ダイコク堂』。このお店が、ランチ限定でボリューム満点の『から揚げ丼定食』をたった700円で提供しているのである! というわけで行ってみたぞ!!

続きを全部読む

【下町の謎】いつも「シャッターが半開きの菓子店」に潜入! その理由が感動的でホッコリしちゃうぞーッ!!

東京都葛飾区亀有といえば、人気漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の舞台として有名で、週末には多くのファンがこち亀ゆかりのスポットを訪れている。だがその一方で、こち亀とは無縁のすご~く気になる店が存在するのだ。

それが「内山菓子店」。地元民さえ知る人ぞ知るお店である。というのも、いつもシャッターが半開きで、とても営業しているようには見えないのだが……その理由が、下町ならではの人情にあふれていたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【こち亀】亀有駅周辺の『こち亀銅像』全15体まとめ / オススメは感涙必至の「少年両さん像」だ!

1976年から週刊少年ジャンプで連載されている「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、約40年におよぶ連載に幕を下ろすこととなった。幅広い世代に愛された作品だけに、今回の発表を受けて寂しく思う人も多いだろう。

さて、そんな「こち亀」の舞台である葛飾区亀有駅周辺には、全15体ものこち亀銅像があるのをご存知だろうか? 連載は2016年9月17日発売号で終了するが、ここに来ればいつでもこち亀のキャラクターに会えるぞ。

続きを全部読む

盛岡市民のソウルフードったら超うまい『あんバターパン』だよね! だよね! だよね?

人には誰しもソウルフードがあるものである。ソウルフードすなわち「絶対にはずせない魂の食べ物」。国や地域によってソウルフードにも大きな違いがあり、日本各地に「○○県民のソウルフード」が存在する。

・あんことマーガリンを塗ったもの
岩手県盛岡市民のソウルフードのひとつに『あんバターパン』がある。ビックリするほどふわふわのコッペパンに切れ目を入れ、そこにあんことマーガリンを塗ったものである。実演販売されることもあり、目の前で好きなペーストを塗ってサンドしてくれることもあるという。実際に食べてみた。

続きを全部読む

ジャンプ『こち亀』の両さんは危ない発言を連発する人だった!? 両さんキケンな発言集

国民的長寿漫画といえば、週刊少年ジャンプで連載されている『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(漫画家・秋本治)である。『サザエさん』や『ドラえもん』も国民的な漫画だが、『こち亀』もなかなかの人気である。なんとインドでも放送されているというから驚きだ。

そんな『こち亀』の主人公といえば、人情味あふれる豪快な警察官・両津勘吉(りょうつかんきち)である。勤務中にパチンコ屋に行ったり、借金を踏み倒して逃げたりと、やっていることがメチャクチャな両さんだが、心には深い人情がある人物であり、老若男女に愛される人気キャラクターといえよう。

そんな両さんだが、実はかなり過激な発言をしていた過去があるのをご存じだろうか? 両さんだけでなく、過去の『こち亀』には物議をかもしそうな発言が多数存在しているのである。今回は、そのいくつかをご紹介したいと思う。

続きを全部読む