「ヤングジャンプ」にまつわる記事

【あるある】『電影少女』が連載されている頃の俺たちにありがちだったこと30連発(小学生編)

ジャンプの恋愛マンガと言えば、桂正和先生を外して語れないだろう。綺麗な線で描かれた絵は、少年マンガらしからぬ色気があった。そんな桂正和先生の代表作の1つ『電影少女』の読み切りが、2018年1月4日発売のヤングジャンプ5・6合併号に掲載されている。

25年ぶりに復活した本作を読んでみたところ、連載当時だった小学生時代の思い出が次々とよみがえってきたため、「あるある」という形でお伝えしたい。題して「『電影少女』が連載されている頃の俺たちにありがちだったこと30連発」DA!

続きを全部読む

【朗報】休載中の『テラフォーマーズ』が連載再開へ! 2018年4月の週刊ヤングジャンプから

じじょうじじじ、じょおぉじょぎ、じーじぎぎぎぎ、じょうじ! 別に画面がバグッてるわけじゃないぞ。というか、まさかキミは忘れてしまったのか? テラフォーマーたちの恐怖を、絶望感を! あのゴキブリどもめ、『地球』をなめんなよ。

週刊ヤングジャンプで連載されていた人気マンガ『テラフォーマーズ』が休載となってから半年以上たつ。このまま新年を迎えるのだろうか……と思っていた矢先、ついに2018年4月のヤングジャンプから『テラフォーマーズ』連載再開予定であることが発表されたのだ! キ、キターーーーー!!

続きを全部読む

【自由研究】キングダム47巻までで「信が倒した敵の数」は○○人 / 一コマで倒した最大数は23人

学生さんたちは夏休みの真っ最中! どうだい、宿題は順調に進んでいるかな? やることが決まっている宿題はさておいて、自分で課題を見つける「自由研究」が苦手だという人は意外と多いことだろう。だが考え過ぎは良くないぜ? 自由……研究。つまり何を研究したって自由なんだから!

そこで今回は「こんな自由研究はいかがかな?」という提案がてら、おじさん(P.K.サンジュン)も自由研究に挑戦してみたぞ。お題は大好きな漫画・キングダム! キングダムの最新47巻までで、主人公の信(しん)が倒した敵の数をひたすら数えてみたよーーー!!

続きを全部読む

漫画『ゴールデンカムイ』の狩猟料理が再現されたらどれだけウマイのか確かめてきた / 渋谷道玄坂ゴールデンカムイ軒

2014年から週刊ヤングジャンプにて連載中の野田サトル先生が描く、明治末期の北海道が舞台の漫画といえば『ゴールデンカムイ』である。「マンガ大賞2016」で大賞を受賞し、いま最も熱い作品の一つと言えるだろう。もちろん筆者もアシリパちゃんの大ファンだ。

本作は骨太な冒険活劇が軸となっているが、ちょいちょい登場する死ぬほどウマそうな狩猟料理も話題になり……とうとう、漫画に登場する料理を実際に提供する店が一日限定で誕生することになったのだ! 今回は一足先に報道陣向けの試食会に参加してきたので報告したい。

続きを全部読む

【激アツ】漫画「キングダム」あるある77

2006年から週刊ヤングジャンプにて連載中の原泰久(はら やすひさ)先生が描く、中国・春秋戦国時代を舞台にした漫画といえば『キングダム』である。現在までコミック38巻がリリースされており、いま最も熱い漫画の一つと言えるだろう。

そこで今回は、同作に魅せられ、キングダムのため「十数年ぶりに本棚まで購入した」筆者が『キングダムあるある77』をお届けしたい。ファンはもちろんキングダムを読んだことがない人も、これをきっかけにキングダムに興味を持っていただけたら幸いだ。

なお、ネタバレも多大に含まれているが、38巻までに収録されている話を対象にしたぞ。

続きを全部読む