「ブルーボトルコーヒー」にまつわる記事

【超高級】自販機で売ってる「1本640円の缶コーヒー」を飲んでみた!

消費税が導入される以前、自動販売機の飲み物は基本的に1本100円だった。増税以降110円、120円と値段が上がっていき、最近では150円や160円のものも珍しくなくなってきた……。150円でも高いと感じるというのに、東京・渋谷にその値段をはるかに超える商品を陳列する、セレブな自販機が登場していた! 

その自販機で販売しているのは、なんと1本640円の高級缶コーヒーである!! え? 500円でも買えないの!? どんな味なんだ。とりあえず買って飲んでみたぞ!

続きを全部読む

【完全レポート】ブルーボトルコーヒー青山店に行ってみた!  創設者のジェームズ・フリーマンさんにも会ってコメントをもらったゾ!

先月、日本初上陸を果たして大きな話題となったアメリカ発の「第3のコーヒー」、ブルーボトルコーヒー。その日本1号店が清澄白河にオープンした際、当サイトの佐藤記者が現地に赴いたものの、あまりの行列の長さに入店を断念せざるを得なかったのを皆さん、覚えていらっしゃるだろうか。

そのブルーボトルコーヒーの2号店が早くも先週末の3月7日に青山にオープンするということで、今度こそ人気のコーヒーを飲んでみるべく、朝から並んでみることにした。何やら “青山店限定のフードメニュー” もあるということだし、ブルーボトルのオーナーも来日中のようなので、オープンの日に行けば会えるかもしれない!

続きを全部読む

ブルーボトルコーヒー日本一号店オープン! 入店まで2時間半待ちの長蛇の列 / 週末は絶対避けた方がいいぞ

「コーヒー界のアップル社」や「第3のコーヒー勢力」と呼ばれ、オープン前から話題になっていた、ブルーボトルコーヒーが2015年2月6日についに開店した。第1号店は、東京都江東区の清澄白河である。駅から約10分程度歩く距離にあり、アクセスは良いとは言えない。

しかしオープン初日は大混雑で、私(佐藤)がお店に到着した10時頃には推定で200人の行列ができており、入店まで2時間から2時間半かかると言われたのである。平日なのに、みんな仕事や学校はどうした! 週末はさらなる混雑が予想されるぞ。

続きを全部読む