利き腕を失くした彫り師が特注アームでタトゥーを彫る姿がカッコ良すぎる! 思わず『鋼の錬金術師』を連想してしまうぞ!!

五体満足であることが当たり前すぎて、普段、感謝することを忘れがちになるものだ。だが、突然事故や病気で四肢を失くしてしまう可能性もある訳で、そうなれば、仕事や普段通りの生活を諦めなければならない場合もある。

そんななか、利き腕を失くしたタトゥーアーティストが、タトゥー針を取り付けた特注専用アームを腕に取り付け、彫師として大活躍しているというのである。そのアームが、まるで漫画『鋼の錬金術師』を彷彿とさせ、メチャクチャかっこイイのだ!

続きを全部読む