「お小遣い」にまつわる記事

小遣いの前借りをねだった6歳の息子に「パパがあり得ないほどのマジレス」対応! こんなレスされたら黙るしかないっス……な件

子供の頃は、親の手伝いをしてお小遣いを貰い、コツコツとお金を貯めて欲しいオモチャや人形を買っていた人もいるだろう。だが、ちょっと値が張るものだったら親におねだりして、なんとかゲットしようとするものである。

そんな例外にもれず、ある6歳の少年がパパにお小遣いの前借りをねだったところ、あり得ないほどのマジレス対応をされてしまったというのだ! 「こんなレスされたら黙るしかないっス……」と、少年が撃沈する姿が目に浮かぶような、パパのビジネスマン的な手腕がかなり秀逸だぞ~!!

続きを全部読む

【色恋相談室】親から毎月お小遣いをもらっている彼氏ってどうなの?

今回のご相談は、親御さんからの仕送りに関するお悩みです。そういえば筆者も短大時代は、親から仕送りを受けていました。そう、「仕送り = 学生時代」のイメージですよね? なので学生さんからのご相談かと思いきや……。

続きを全部読む

【鬼嫁動画】嫁の財布からお金を抜き取ったらボコボコにされた

2013年のサラリーマンの平均お小遣い額は3万8457円、昼食代は平均一日518円。お小遣い制のお父さんは毎日苦しい思いをしながら一家を支えている。財布を握る妻と、その辛い生活に耐え切れなくなった夫の夫婦喧嘩が動画サイトで話題だ。

続きを全部読む

【コラム】インターネット上に「お年玉は無理してでも多めにやっとけ。子供たちにあのおっさんは別格て感じで尊敬されるから」という書き込みがありました。これはまさにその通りです。子どもにとって、何でも好きなものを買うことができるお年玉ほど嬉しいものはありません。

お年玉をくれる人はヒーローのように見え、その金額が高ければ高いほど、神的な存在になることができるのです。子ども時代に強く印象に残った出来事は、大人になってもずっと「強い印象」として頭に残ります。そしてその意識はどんどん増幅されていき、「お年玉1万円くれた」が「お年玉10万円くれた」という印象にグレードアップするのです。

続きを全部読む