【実録】神と崇めるGoogle様の広告に「29800円のロレックス」が出てきたのでポチってみたら闇を見た(2ページ目)


こ、これが……


ロレックス!


っほぉ〜〜〜〜……


\クンクンクンクン……/

なんか重油みたいなニオイがスッゴイけど、これが新品のロレックスの香りなのか……!


どうやって巻いたら良いのかわからない構造もまた、「敷居の高いロレックス」的な高級感を漂わせている。


18kって書いてあったから、これ「金」だったりするのかな……!


……てな感じで人生初のロレックスに感動しきりだったのだが、いざ会社に持っていくと、同僚のYoshioと中澤が……



これニセモンじゃね?

と、ケチつけてきたのである!

失敬な! 遺憾の意!! 今の発言を撤回せよ!!!! いいかオマエら、よ〜く聞け! この腕時計はなァ〜、あのGoogle様の広告から買った「本物のロレックス」であるぞッ!

まがりなりにもネットで、なんなら主にGoogle広告の収入で食っている我々。Google様のさじ加減ひとつで生きるか死ぬか決まる生業(なりわい)。つまるところGoogleは神! そんな神様がパチモンの広告を表示するわけがなかろう! このバカモンがーーーッ!!


とか言いつつ……


ちょっと不安になってきた。


も、もちろんニセモノだなんて思ってないよ。ホンモノだと信じて買ったんだからね。でも……やっぱ、どう考えても安すぎる。箱も想像外に質素だし、証明書的な紙も付いていない。これ、本当の本当に本物なのか……!?


そこで私は、このロレックスの真偽を確かめるべく、とある “買取専門店” に行ってみた。しかし、そこで待ち受けていたのは、神を恐れているとしか思えない謎の対応。探れば探るほど “闇” が見え…… 。話の結末は最終ページへ!


執筆:迷惑メール評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.