2018年の大みそか、RIZIN.14にて対戦すると発表されていたフロイド・メイウェザーと那須川天心。世界でもっとも稼ぐアスリート、メイウェザーの登場は世界中に衝撃を与えた。だがしかし、お約束通り「試合はしない」とメイウェザーが言い出し、対戦は無くなったかと思われていた。

そんな中、RIZINの榊原信行CEOが自身のTwitterに「メイウェザーと那須川天心は大みそかに対戦する」と投稿した。投稿には穏やかにほほ笑むメイウェザーの画像もあるが、果たして本当に「メイウェザー vs 那須川天心」は実現するのだろうか……?

・格闘技マニアに聞いてみた

現在までに「対戦の発表」「メイウェザー側からキャンセル」「やっぱり対戦」と、文字通り二転三転しているメイウェザーと那須川天心の試合。超ド級のお騒がせ男としても知られるメイウェザーなのでそこまで驚かないが、今後の展開はどうなっていくのだろうか?


素人にはなかなか読めない流れなので、当サイトでは今回も「格闘技マニア」に聞いてみることにした。


──メイウェザーと天心の対戦がやっぱり実現するそうです。

「うーん、どうなんだろうな? 榊原はなんて言ってるの?」

──詳細は日本に戻った時に記者会見で明らかになるらしいんですが、とにかく大みそかに2人は対戦すると言ってますね。

「ふーん、じゃあやるんじゃないかな。でもどうせあれでしょ、エキシビジョンマッチでしょ?」

──ガチではない感じですかね?

「メイウェザーからすればガチでやるメリットないからね。前から言ってる通り、1試合で300億稼ぐ男が数億円でキャリアに傷つけるわけないでしょ」

──それもそうですよね。

「エキシビジョンマッチだったら、メイウェザーは逃げ続ければいいだけだからね。元々メイウェザーは攻撃型ではなくオーソドックスなボクシングスタイルだから、数億円で何ラウンドか逃げるだけならいいと思ったんじゃない?」

──なるほど。でもキックありだとしても逃げ切れますかね?

「キックなんて認めるわけないじゃん。最初から言ってるけど100%ボクシングルールだよ。エキシビジョンだろうとメイウェザーは自分に不利なことは絶対しないから」

──ではボクシングルールのエキシビジョンマッチになると?

「まあそうだろうね。1ラウンドってことはないと思うけど、せいぜい3ラウンドか5ラウンドじゃない?」

──うーん、茶番っぽい感じもしますね……。

「かわいそうなのは天心だよな。体もそうだけど気持ちを維持し続けるのが難しいと思うよ。でも逆に、エキシビジョンだろうと見せ場を作って世界をアッと言わせてほしいよね」

──本当ですね。

「エキシビジョンマッチは記録には残らないし、公式戦ではない。でも天心の頑張り次第では世界にインパクトを残すこともできると思うんだ。それがメイウェザー相手でボクシングルールだとしても、天心にはその才能があると思うよ」

──確かに。

「逃げに徹したメイウェザーにパンチを当てるのは本当に難しい。メイウェザーはとにかく目がいいからさ。ただそれだとしても天心には信じたくなる何かがあるんだよね」


というわけで、格闘技マニアの見立てによると「試合はしてもボクシングルールのエキシビジョンマッチ」なるという。ご存知の通りエキシビジョンマッチは公式戦ではないため記録には残らないが、それでもメイウェザーと対戦したという事実は大きい。

詳細は榊原CEOが帰国次第明かされるが、今回も格闘技マニアの予想は当たるのだろうか? 最後に格闘技マニアのコメントで印象的だったものをご紹介して終わりたい。

「結局こうやってメイウェザーにみんなが踊らされてるんだよ。それがフロイド・メイウェザーなんだよ」

参考リンク:Twitter @nobu_sakakibaraRIZIN公式サイト、Instagram @floydmayweather
Report:P.K.サンジュン
Photo:(C) RIZIN FF

▼果たしてルールや試合形式はどうなるのだろうか?