やっぱり……。そんな声が日本中に渦巻いている。大みそかにRIZIN.14にて那須川天心(なすかわ てんしん)との対戦が決定していたフロイド・メイウェザーが、自身のインスタグラムで試合のキャンセルを発表したのだ。試合発表からわずか3日後の出来事だった。

当サイトではいち早くキャンセルの可能性を予見していたが、それを教えてくれた格闘技マニアはどう思っているのだろう? さっそくコンタクトを取ってみることにした。

・「エキシビジョンマッチだと聞いていた」

自身のインスタグラムにてキャンセルの理由を発表したメイウェザー。長文でいくつもの理由が挙げられているが、かいつまんで言うと「試合に同意していない」「那須川天心のことも聞いていなかった」「エキシビジョンマッチだと思っていた」……そして「不意を打たれた」としている。

View this post on Instagram

Now that I am back on U.S. soil after a long and disappointing trip to Tokyo, I now have the time to address you, my fans and the media in regard to the upcoming event on December 31st that was recently announced. First and foremost, I want it to be clear that I, Floyd Mayweather, never agreed to an official bout with Tenshin Nasukawa. In fact (with all due respect) I have never heard of him until this recent trip to Japan. Ultimately, I was asked to participate in a 9 minute exhibition of 3 rounds with an opponent selected by the "Rizen Fighting Federation". What I was originally informed of by Brent Johnson of "One Entertainment" was that this was to be an exhibition put on for a small group of wealthy spectators for a very large fee. This exhibition was previously arranged as a "Special Bout" purely for entertainment purposes with no intentions of being represented as an official fight card nor televised worldwide. Once I arrived to the press conference, my team and I were completely derailed by the new direction this event was going and we should have put a stop to it immediately. I want to sincerely apologize to my fans for the very misleading information that was announced during this press conference and I can assure you that I too was completely blindsided by the arrangements that were being made without my consent nor approval. For the sake of the several fans and attendees that flew in from all parts of the world to attend this past press conference, I was hesitant to create a huge disturbance by combating what was being said and for that I am truly sorry. I am a retired boxer that earns an unprecedented amount of money, globally, for appearances, speaking engagements and occasional small exhibitions.

A post shared by Floyd Mayweather (@floydmayweather) on


・一番得したのは?

メイウェザーなので今さら驚かないが、やはり格闘技マニアが予言していた通り「エキシビジョンマッチでお茶を濁す予定」だったのだろう。果たして試合が中止になった今、格闘技マニアはどう思っているのだろうか? 以下で語ってもらったぞ。


「まあ、こうなるわな。試合まで残り2カ月切ってルールが決まってないなんておかしいもんな。それにファイトマネーだってせいぜい10億単位だったらしいから、ガチでやるハズないよな。普通にやれば300億稼ぐ男が未体験のルールでリスクは取らないよ

かわいそうなのは天心だよね。本人は相当気合いが入っていたハズだしさ。でも世界が天心の名前を知るって意味では良かったのかもしれないね。まあ、今回のことがなくてもいずれ天心の名前は世界が知ることになるだろうけど」

「あと、もしかしたらRIZINも被害者かもしれないけれど、結果的に一番得をしたのはRIZINだよな。まだ歴史の浅いイベントだけど世界中の格闘技ファンがRIZINのことを認識したんじゃない? キャンセルしたとはいえ、メイウェザーを一瞬でもブッキングするなんてスゴイことだぜ? 

だって、広告料にしたらいくらになるよ? しかもメイウェザーからの一方的なキャンセルだってことでRIZINには傷がつかないしな。まあ、今回の件で一番得したのはRIZINだってことだけは間違いないよ」


なるほど……。確かにメイウェザーの発表で、RIZINの名前は世界中に知れ渡ったことだろう。格闘技マニアの言う通り、世界中の格闘技ファンが「RIZIN」の名を記憶に刻んだハズだ。

一方で試合がキャンセルとなった那須川天心は気の毒としか言いようがない。ただ格闘技マニアも言っていたように、那須川天心の名はいずれ世界が知ることになるだろう。その時こそ本当に「那須川天心 vs メイウェザー」が実現するかもしれない。

参考リンク:RIZIN公式サイト、Instagram @floydmayweather
Report:P.K.サンジュン
Photo:(C) RIZIN FF