うちのダイニングテーブル(ちゃぶ台)は傷だらけ。先日、ダイソーの『キズ直し棒』を使って傷だらけのテーブルのキズを直そうとして大失敗したが、とにかくキレイにしたいのである。あわよくば傷を消して新品同様にしたいのである!

そんな私がダイソーで見つけてしまったのが……“気になるキズを簡単修復!!” できるらしき『油性アートライン キズ修復マーカー』だ。もちろん価格は100円なり。これでテーブルの傷が隠れたら儲けもん! さっそくやってみた〜!!

購入したのはインキ色が「こげ茶(ウォールナット)」と「あか茶(マホガニー)」の2種類だ。ダイソーで売っているのだから、これまた以前のようにショボ〜ン系の結果になる商品かなァ〜と淡い期待を抱いていたのだが、よくよく裏側を見ると……

シヤチハタ……!!

ガチ。メーカーがガチ。まちがいない。通称シャチハタこと、正式名称「シヤチハタ」だ……。シヤチハタつったら、あのシヤチハタ……。ハンコとかペンとか、そんなのを出している超有名メーカーの、あのシヤチハタ……。こ、これはもしや……


失敗しないでイケちゃう系!?


もしそうだとしたら……いいや、嬉しい。こんなに嬉しいことはないが、失敗したって私的には構わない。いいや、むしろ、「ちゃぶ台のキズ直し」は失敗するのが美徳。いろいろやって、結局「何も変わらなかった」的なオチが最も美しい。


だがしかし……!!


まずは適当な木材に試し書きをして、色を確認。

ちなみに紙に書いたら、いい感じの「にじみ」が出来たので、「画材として活用するのもアリなのでは?」なんてことも思いつつ……

パッケージに書いてある「小さなキズでもペン先でチョイチョイ!!」の文字通りに……

チョイチョイと塗ってみた。

ハミ出したところをティッシュで拭き取ったら……


ほう……


なるほど……

こんなんで大丈夫なのかな感もあるが、気にせず他の箇所も……

チョイチョイ!!

チョイチョイ!!


その結果──



エッ!



スゴイ……!!



遠目から見ると、ガチで目立たない──!!



これはこれで……



嬉しいんだけど……



なぜか私は……



さびしくもあり……



……




<完>

Report:100均研究家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証