もう6月。2017年も早いもので、約半分が終了した。私(佐藤)が2016年末から習い始めたポールダンスのレッスンも半年が経過したことになる。

最初はポールに逆上がりすることもままならなかったのだが、4カ月を過ぎたあたりから身体が本格的に慣れ始め、今では2つ3つと技を組み合わせることができるようになっている。その成果を今月もお伝えしよう。

・筋トレが目的ではなくなった

私がポールダンスを習い始めたもっとも大きな理由は、ダイエットである。細マッチョになることが目的で、その手段としてポールダンスを始めた。そのはずだった……。しかし半年を経て現在は、手段と目的が逆になっている。筋トレで身体を鍛えて、ポールダンス上達を目指しているのだ。もっとうまくなりたい!

実際のところ、身体の方にはそこまで変化がない。難しい技をできるようになったものの、体脂肪や筋量にはそこまで変化がなくなった。

・逆上がりもグレードアップ

半年の成長を振り返ってみると、最初はポールで逆上がりをするのもやっとだったのだが……。

ドリャー! #今日の佐藤 #ポールダンス佐藤

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on

今では、「エア」と呼ばれる上級の逆上がりができるようになった。エアとは、ポールに上った状態で逆上がりをすること。さらには、スピンから逆上がりもできるようになった。

・スピンも様になってきた

スピンも最初は勢いがなく、ポールにしがみついているような状態だったのだが。

4カ月を経ると、それなりに勢いがつけられるようになった。少しは見栄えがするようになったが、より長く優雅に回れるようになりたいと思っている。まだまだ「棒で戯れるおっさん」の粋を出ていない。お世辞にもダンサーとは言えない……。

今日はヤケに良く回れたな#ポールダンス佐藤 #今日の佐藤

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on

・技の組み合わせも

半年でもっとも自分が成長したと思える点は、技を組み合わせることができるようになったことだ。

最初は1つの技をやって終わりだったのだが、2つ3つと重ね合わせることができるようになったのは大きな進化。とはいえ、まだまだ動きはぎこちない。2~3分と演技が続けられる訳ではないので、もっともっと鍛えていかなければいけないと思う。

・体幹強化が課題

とにかく体幹の強化が不可欠。そのために、三点倒立をして鍛えたいのだが、倒立そのものもできない始末。先が思いやられる……。

という訳で、ようやく半年。新たな課題も見えてきているので、より一層頑張るぞ!

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24
佐藤のポールダンスシリーズはこちら