最近は、LINEなどのアプリがコミュニケーションツールとして多用されるようになり、恋愛でも欠かせない存在となっている。

そんななか、元カノに3年間毎日 ‟大嫌い” とメッセージを送り続ける青年が、ネットで話題となっているので紹介したい。しかも、そんな彼のメッセージを、元カノはブロックもせずに返信しているというから驚きなのである!

・元カノに3年間毎日「大嫌い」とメッセージを送り続ける青年がヤバい!

元カノに3年間毎日「大嫌い」とメッセージを送り続ける青年は、Twitterユーザーのラーノ・ピカソさんだ。彼は毎朝7時45分にタイマーをセットして、「I hate you:大嫌い」というメッセージを元カノに送り続けているというのだ!

その証拠に元カノへのメッセージと、「元カノに ‟大嫌い” と伝える時間」との項目の名の下、7時45分にタイマーをセットしたスクリーンショットの画像をTwitterに投稿。今まで元カノに送った ‟ヘイト・メール” の総数が1000通にも及ぶというから、開いた口が塞がらないとはこのことである。

・元カノが返信しているから驚き!!

お決まりのフレーズは「大嫌い」だが、たまに「まだ大嫌い」だとか、「今日はもっと嫌い」とバリエーションを変えたメッセージを送信している。

そして、元カノが「それで? 毎日メッセージを送るのやめて。もうクソ3年にもなるわ」と、ストーカーと呼ばれても仕方がないような元カレに返信しているからビックリだ。普通は、こんなメッセージが毎朝来たら速攻で相手をブロックしてしまうだろう。

・ネット民が「他に意義あることをしろ」と喝!

ある意味、かなりのコミットぶりとも言えなくもないが、さすがにラーノさんに共感してくれるネット民は少ないようである。

「こんな哀れな奴を見たことがない」とか、「時間の無駄。外に出て人生を楽しめ」といった否定的なコメントが殺到! しかし、本人は全く気にも留めていない模様で、「情けないとか子供っぽいとか、クレイジーと呼ばれても全っ然気にしない!」と開き直っている様子である。

場合によっては、メッセージがストーカー行為の証拠として警察に提出されて事件として扱われる可能性もあるし、裁判所から接近禁止令を発令されてしまうこともあるだろう。コミュニケーションツールは便利だが、マナーと常識を持って使いたいものである。

参照元:Twitter @thelameinyoset
執筆:Nekolas

▼元カノに3年間毎日「大嫌い」とメッセージを送り続ける青年の投稿