次第に暖かくなってきて、着るものに困る今日この頃、皆さんいかがお過ごしだろうか? 暖かくなると、冷たいものが俄然うまく感じる! 特にまぶしい日差しのもとで食べるアイスクリームは格別だ!! アイスの何がいいって、ショーケースに並んだ商品から、どれを食べるか選ぶのが一番楽しい。

ところが、そのアイス購入の概念を根底から覆すお店が、東京・広尾にオープンした。そのお店、「Napoli広尾」は店頭のショーケースがない! だが、安心してくれ。ここのアイスはめちゃくちゃ美味しい! 私(佐藤)のアイス人生のなかで、屈指の美味しさである。

・ショーケースがない!?

お店は、東京メトロ日比谷線の広尾駅からすぐ。広尾プラザの1階にある。株式会社ナポリアイスクリームが運営するお店なのだが、他のアイスクリーム店とはちょっと違う。

何が違うのかというと、ここにはショーケースがない。通常アイスクリーム店には、ショーケースがあり、そこにさまざまな味のアイスが並べられているのだが、ここでは、オーダーごとにアイスクリームフリーザーからアイスを取り出しているのだ。つまり作り置きではなく、出来たばかりのアイスを提供している。お店ではこれを「クラフトアイスクリーム」と呼んでいる。

・ティラミスにチャレンジ

提供している商品は、イチゴミルフィーユ・マチェドニア・ティラミス・オレンジマーマレード・ジャポネの5種類。すべて540円となっている。

基本となるアイスはミルクアイスで、それにフルーツやソースなどのトッピングで味つけを行っている。今回私がチャレンジしたのはティラミスだ。

・作り置きじゃないから、口当たりが超なめらか

クラフトアイスという名前を聞いて、私はてっきりゼロからアイスを作ると思っていた。よく考えると、オーダーごとにゼロからアイスを作っていたら、時間がいくらあっても足りなくなる。ゼロからではないとはいえ、フリーザーから取るアイスは十分作り立てと言っていいだろう。実際に食べてみると、食感が作り置きしたものと全然違うのだ。

一般的に冷凍保存されているアイスの場合、アイスの中の水分が凍って、多少シャリシャリ感が残っているものだ。だが、ここのアイスにはそれが全然ない。フリーザーを回しているため、常に出来たての美味しさを保つことができている。そして、口どけが驚くほどサッパリとしているのだ。濃厚なのにキレがあって、くどくない!

・店舗を増やして欲しい

これは、従来のアイスクリームの概念を覆す逸品であるといっていいだろう。これから、店舗展開していくのだろうか? できれば、店舗数を増やして欲しいと願う。夏にはもっと手軽に食べたいな~ッ!

・今回訪問した店舗の情報

店名 Napoli広尾
住所 東京都渋谷区広尾5丁目6-6広尾プラザ1F
営業時間 10:00~20:00
定休日 不定休(広尾プラザに準ずる)

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24