日本では、スーパーやコンビニで美味しいチョコレートが気軽に買える。明治やガーナ、森永、リッタースポーツ、ハーシーズ……あ、『TOBLERONE』(トブラローネ)も忘れちゃいけないですね!

主に輸入食品店などで手に入る、スイスのチョコ菓子「トブラローネ」。三角形のギザギザが一直線に並んだ形をしているのだが、なんとこの形が変わってしまったと、ネット上で悲鳴が上がっている。一体どんな形になったの……?

・トブラローネの間隔が長ーくなっちゃった!!

三角形のギザギザが短い間隔で並ぶトブラローネ。「ちょっと固くて割りづらい」とか文句を言いながら、三角の部分を1つ1つ手で割ってお口に運ぶのが何よりの至福だ。

しかし、この度 “新しくなった”トブラローネを見ると、ああ! なんと三角形同士の間隔が大きく開いてしまっているではないか!! 仲良く並んでいた三角形たちが、こんなにも遠くなってしまったなんて……時の流れって残酷だ。

The new #Toblerone is like #Manchester #United's form this season…

A photo posted by BenchWarmers (@bewarmers) on

・ネット上では大きな話題に

この “間隔が離れてしまったトブラローネ” は、ネット上で大きな話題となっている。英メディア『BBC』でも、本件を報じた記事が、米大統領選の記事を抑えて堂々1位の閲覧数を誇ったそうだ。

トブラローネのファンからは「三角の数が半分になった」「誤った判断だ」「今までのトブラローネだと思って開けてみたら、こんなのが出てきた。ショック」「丈を短くしてもいいから、間隔をあけないでほしかった」など悲しみの声が相次いでいるのだった。

・イギリス国内だけでの変更

トブラローネの公式Facebookページによると、この変更はイギリス国内だけのもよう。理由は、原材料高騰のためだと説明されている。

パッケージの長さや大きさは変わっていないものの、内容量が400グラムから360グラムに、170グラムから150グラムに減ったため、このように三角同士の間隔が開くことになってしまったようだ。

「形が変わるのではなく、価格があがったほうがマシだった」という消費者からの意見に対しては、「形を変えたほうが、より多くのお客様に楽しんでもらえるから」との回答がなされていた。

今のところ、日本に流通しているトブラローネの形は変わらないようだが、万物はすべからく流転する。私たちも、“変わってしまったトブラローネ” と対面する日が来るかもしれない。

参照元:MetroBBC(英語)、FacebookInstagram
執筆:小千谷サチ

▼これが……

▼こうなってしまっただなんて……

▼みんな、強い関心を抱いているようだ

……The readers of BBC News have got their priorities right. #Toblerone #election2016🇺🇸 #electiontime #bbc #usa

A photo posted by Alpha Recruit Ltd (@alpharecruit16) on