0

世界中で愛されている『ドラえもん』。3DCG映画『STAND BY ME ドラえもん』のヒットが記憶に新しいが、そんなドラえもんがついに実写化するらしい。それも中国で! 一抹の不安を抱えつつ、公開されたビジュアルを見てみると……何じゃコリャァァァァァッ!!

ドラえもんがいない! 代わりに写っているのは猫!! この何とも可愛いニャンコがドラえもん役を演じるというのだ。しかもウルトラの母っぽい何かもチラ見えしているのだが……一体どういうことだってばよ! とにかく予告編を確認してみよう。

・中国で実写版『ドラえもん』が爆誕

中国の実写版『ドラえもん』のタイトルは『拜托了,小叮当』。取り急ぎ直訳すると『お願い! ドラえもん』と言ったところだろうか。この映画は中国の大手ショッピングサイト「モバイルタオバオ」で公開予定だという。

そのモバイルタオバオのSNS投稿を見てみると

「青いまんまるドラちゃんが2次元を飛び出してニャンコになっちゃったゾ。彼と “飼い主” である “のび太” との間にはどんなストーリーが展開されるのだろうか? 成長したのび太としずかちゃんは? そして、スネ夫とジャイアンの間には何が……」

……的なことが書いている。さらにポスターには

「長い白昼夢を見ていた。でもやっぱり僕が一番そばにいてほしいのは青いアイツだ」

とも。ニオイますなぁ! 何だが深イイ香りがプンプンしますぞ!!

・ドラえもんが猫

どうやら、のび太くんたちが成長後のストーリーであるもようだ。予告編は、そこはかとない大味ぶりを醸しつつも、のび太くんの部屋に散らかっている漫画が『島耕作』であるなど、ピンポイントに細かい。

だがしかし! タイムマシンでやって来たのは灰色の猫ニャンだ。「ドラえもんが猫になる」ってそういうことかよ!! その理由は一切不明なのだが、とにかく21世紀の猫型ロボットがキュートなモフモフっ子になっているのである。なぜこうなった……!

・ネットユーザーの声

この発表には中国ネット界にも激震が走ったもよう。中国版Twitter・Weiboには多くのコメントが寄せられている。

「え」
「まさか本物の猫とは」
「私のドラちゃんを返してー!」
「監督は何を考えているんだ」
「見てて辛い」
「猫可愛いよ。萌えええ!」
「私は見てみたいな!」
「ちゃんと許可とってるのかな」

・ウルトラの母のような何かも登場だ

ポスタービジュアルは4種類公開されており、ドラえもん(猫)とのび太くんのほか、空き地に集まったしずかちゃん、ジャイアン、スネ夫の姿も確認することができる。……って何これ!? ウルトラの母のような誰かも一緒に写っているのですが!

ドラえもん役が猫ってだけでも衝撃なのに、ウルトラの母のような誰かとは一体何なんだ!? シリアスなのか、カオスなのかさえもわからない。そんな中国の実写版『ドラえもん』は2015年9月23日に、モバイルタオバオで披露されるそうだ。

【続報】本編動画記事はこちら→「【衝撃動画】中国の実写版『ドラえもん』の本編が公開! 本物の猫がドラえもん!! そのクオリティが予想外な件

参照元:Sina Weibo @手機淘宝YoukuET Today(中国語)
執筆:沢井メグ

▼予告編

▼中国動画サイト版


▼アニメコミュニティでも紹介されている。それにしてもウルトラの母的なあの人……何なんだよ……!