個人旅行で海外へ行くならば、自分で航空券を押さえなくてはいけない。多くの人が、旅行代理店に足を運んだり、または電話したり、もしくはインターネットを活用したりして、それぞれチケットを購入するはずだ。

私事で大変恐縮なのだが、最近私(筆者)は、その手配をすることになったので、「JTB」「H.I.S.」「近畿日本ツーリスト」の店舗を回り、さらに旅行Webサイト「DeNAトラベル」「楽天トラベル」「トラベルコちゃん」の3つのサイト、合計6社でどこが一番安かったのかをリサーチした。すると……「こんなに差が出るの?」という驚きの結果だったのだ。

・あくまでも1つのケース

最初に断っておきたいが、以下は私個人の場合。行き先や時期、空席状況等が変われば、結果が異なるのは避けられないので、「あくまでも1つのケース」であることを踏まえて、確認して欲しい。

・行き先はニューヨークで条件は全て同じ

それでは、検証のルールを説明しよう。まず、私(筆者)は「JTB」「H.I.S.」「近畿日本ツーリスト」の各店舗を同日に店舗を訪れた。

代理店のスタッフの方には、クラス(エコノミー)、人数(1人)、行き先の都市(米ニューヨーク)、出発地と日付(東京・7月20日)、日本に帰って来る都市と日付(東京・8月31日)、そして「とにかく安いのでお願いします」とだけ伝えて、燃油チャージや手数料などが全て含まれた総額を出してもらった。

また、Webサイト「DeNAトラベル」「楽天トラベル」「トラベルコちゃん」は、代理店に足を運んだのと同じ日に、条件に合うよう日時等をこちらで入力。空席がある便のなかで、最も安いものの総額を調べた。早速、第6位から順に発表したい。

第6位:近畿日本ツーリスト → 21万1760円

結論から先に言うと、今回店舗を訪れた旅行代理店の3店舗では、いずれもデルタ航空を利用した同じ直行便を提案してくれた。7月20日の16:55に成田を発ち、同日17:14にニューヨークのJ.F.ケネディー空港に到着。帰りは、8月30日の11:59にJ.F.ケネディー空港を出発して、31日の14:50に成田に到着するフライトスケジュールである。

ただし、近畿日本ツーリストのポイントは、何といっても手配料金が3万3600円もかかったこと。スタッフの方いわく、「海外旅行で航空券の手配をする場合は、手配料金として20%いただきます」とのことなので、当然ながら運賃が高くなればなるほど、手数料も高くなっていく。これが痛かった。

第5位:JTB → 18万4640円

JTBが提示してくれたのは、近畿日本ツーリストと全く同じフライトプラン。そのため、運賃等は同じなのだが、手数料で差がつくことに。こちらの手数料は6480円。近畿日本ツーリストと比べると、2万7000円程差がある。

ちなみに、対応してくれたスタッフの方によれば、「JTBでは、日本発の国際線を手配する場合、1人1件につき手数料が6480円かかる」ようだ。

第4位:楽天トラベル → 13万3720円

一気に5万円以上安い価格を出したのは楽天トラベル。手数料がゼロというのも大きいが、アシアナ航空を利用しているのが安さの要因か。運賃が10万円と、デルタ航空(14万7000円)に比べて大幅に割安なのだ。

rakuten500

しかし、料金は安いものの、韓国を経由している分だけ時間がかかる。特に行きは、仁川国際空港で一泊コース。空港で泊まらずにホテルなどを利用するとなると、無駄な出費がかさみそうである。

第3位:H.I.S. → 12万6220円

H.I.S.で日本発の国際線の手配をお願いすると、手配料金として1人1件につき基本7560円(航空会社によって変動)かかるのだが、それを跳ね返して堂々の3位にランクイン。こちらもやっぱり韓国経由ルートだ。利用する航空会社は大韓航空で、運賃が8万4900円!

なお、H.I.S.の担当者は、「韓国経由だと安いですが、どうしても時間がかかってしまいますので……」と、直行便のフライトスケジュール(デルタ航空利用で、総額18万5720円)も同時に教えてくれたぞ。

第2位:DeNAトラベル→ 12万3620円

DeNAトラベルの最安プランも、韓国経由。ちなみに、第3位から1位は全て大韓航空を利用する韓国経由で、行きに関しては便がいずれも同じだから、運賃に大差はない。そのなかで、手数料の差が順位を分けることになった。

dena_500

第1位:トラベルコちゃん → 11万8760円

栄えある1位は……トラベルコちゃん。価格は11万円台! 今回の便の場合、トラベルコちゃんなら手数料ゼロ。結果的に、2位のDeNAトラベルの手数料4860円、3位のH.I.S.の7560円と比べて、その点が圧倒的に有利に働いた。

travel001

──以上である。

いかがだっただろうか。個人的には、1位と6位で2倍近い価格になったこと、さらに韓国の航空会社を利用して、韓国経由でニューヨークへ行くとメチャクチャ安いことに驚いた。

そして繰り返しになるが、これはあくまでも限られた日程のなかで、1つの行き先を検証したもの。いつ、どこへ行こうとも上のような順位になるわけではない。また、時間が経ち、空席がなくなったりすると、順位や最低金額も変わってくるぞ。

ただ、「同じ目的地に行くチケットでも、代理店やサイトによって金額に差が出ること」「代理店ごとに手数料が大きく違うこと」は覚えておくと、何かと役立ちそうだ。夏休みに向けて旅行の計画を練っているという人などは、参考にしてみてくれ!

参考リンク:近畿日本ツーリスト(PDF)、JTB楽天トラベルH.I.S.DeNAトラベルトラベルコちゃん
執筆:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

▼第6位の近畿日本ツーリスト。総額は21万1760円

▼第5位だったJTBのフライトスケジュール。利用する便は近畿日本ツーリストと全く同じである


▼第4位は楽天トラベルの13万3720円。ここから始まった韓国経由の嵐
nrakuten001
nrakuten02
▼第3位はH.I.S.。提示してくれたのは12万6220円のチケット


▼H.I.S.では、直行便の価格とスケジュールも教えてくれた


▼第2位だったDeNAトラベル。総額は12万3620円だ
ndena001
dena090

▼第1位だったトラベルコちゃん。11万8760円也!
travel001
ryoukin001travel
travel002