hyocurrey1

以前の記事で、北海道・網走の土産物についてお伝えした。網走といえば、刑務所というイメージが強く、土産物の多くは刑務所絡みのものばかり。実はそれ以外にも土産物で激推ししているものがあった。それは流氷である。

流氷は毎年、2月中旬から3月上旬。つまり、もうすぐ見ごろのシーズンが終わるのである。そんな流氷にまつわる商品も多く、なかでももっともインパクトがあるのは、カレーではないだろうか。察しの良い読者の皆さんなら、過去のアレを思い出すはず。そう、アレをオホーツク海に見立てたのが流氷カリーである。色合いはかなり毒々しい。

・オホーツクのインドが監修

このカレーは、北見市にある「クリシュナ」というインド料理店が監修し、ベル食品が製造販売を行っている商品だ。パッケージをみると、アツいメッセージが記されている。

「料理長マスクード・アラムが、「何とかこの海をカレーで表現できないものか」と試行錯誤して完成したのがこの『オホーツク流氷カリー』です」(流氷カリーパッケージより引用)

何が料理長マスクード・アラムを駆り立てたのか、それはわからない。ちなみにこのお店クリシュナは、「オホーツクのインド」と呼ばれているそうである。

hyocurrey52

・青と白のレトルトカレー

そんな訳で出来上がったのが、この流氷カリーだ。通常この手の商品は、一箱にひとつレトルトのルーが入っている。しかし流氷カリーは、2つの袋が入っている。ひとつは海をあらわした「マリンブルーカリー」。そしてもうひとつが流氷をあらわした「ホワイトカリー」である。

・海のように深い青

ご飯の上にかけてみると、ブルーカリーの青さがなかなか毒々しい感じ。スライムカレーの青はいくぶん明るさがあったのだが、こちらは深い海を象徴するように、その青さが濃い。群青色といった方が良いだろうか。その上からホワイトカリーを投入。目の覚めるような白いチキンカレーである。2つをかけるとたしかに流氷のように見えなくもない……。

・脳みそが……

味はおいしい。滑らかな口当たりで、野菜の自然な甘さと鶏肉の旨味がきいている。だが……やはり青いというだけで、何かいけないモノを食べている感覚が否めない。脳みそが拒絶しているというか……。味はおいしい、おいしいのだが……。という訳で、網走に行ったら刑務所グッズと流氷カリーを買って帰ろう。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

▼これが流氷カリー
hyocurrey2

▼監修を行った「クリシュナ」というお店は、オホーツクのインドと呼ばれているらしい
hyocurrey3

▼一箱に2袋。青と白のレトルトが入っている
hyocurrey4

▼盛り付け例。青が濃い、オホーツクの海のような深い色。ちょっと毒々しい……
hyocurrey5

hyocurrey6

hyocurrey7

▼ちなみにこちらは、砕氷船「お~ろら」。港は中国人観光客でいっぱいだ
hyocurrey8