IMG_4341580

以前の記事で、「不動産屋に聞いた初めての一人暮らしに “オススメしない東京都内のエリア” 5選」をお届けしたが、今回はその反対で “オススメのエリア5選” である。情報提供者は、前回も説得力のある話を聞かせてくれた、現役不動産仲介会社の社員さんだ。

「職場や学校の場所によって違ってくるので、オススメの方が難しいですね」と言うから、『純粋に東京で初めて一人暮らしするなら』という基準で、オススメのエリアを5つ挙げてもらったのでご覧いただきたい。

・中野エリア

「無理をして吉祥寺に住むくらいなら、同じ沿線の中野の方が断然オススメです。JR線だけではなく、地下鉄東西線も何かと便利だと思います。中野は昔から学生さんを中心に人気のあるエリアですが、物件数がかなり多いので掘り出し物が出やすい場所なんですよ。

家賃は高いところから激安なところまで幅広いのが特徴で、予算に見合った物件が見つけやすいと言えるでしょう。物価も高くはなく商店街もあるので、生活に不便はないハズ。高円寺荻窪阿佐ヶ谷東中野あたりもオススメです」

・駒込・田端エリア

「JR山手線内は基本的に賃料が高いのですが、駒込や田端は比較的安い部類に入りますね。両駅とも山手線の中では印象の薄い駅ですが、やはり山手線の使い勝手の良さは抜群です。新宿であれば、24時近くまで飲んでいても電車で帰れますから。

華やかさはありませんが、商店街やスーパーもあるので、生活に不便はないでしょう。物価も高くはありません。特に駒込は、六義園(りくぎえん)や旧古川庭園などの自然も、寺や神社などの仏閣も多い街ですから、休日は散策のし甲斐があるところですね」

・住吉エリア

「上京する人で、住吉と聞いてピンと来る人は少ないかもしれません。都内在住でも、知らない人もいるくらいですからね。ただ地下鉄半蔵門線と新宿線が通っているので、どこへ行くのにもアクセスが抜群です。大手町・渋谷・新宿に1本で行けるのは大きな魅力です。

スーパーや商店街もあり、さらには猿江恩賜公園などの緑も豊富な場所なので、ファミリーに人気エリアですが、1人暮らし用の物件もそれなりにあります。ここ数年は人気と共に賃料も上がって来ていますが、それも納得の便利なエリアです」

・蒲田エリア

「神奈川寄りのエリアですが、都心へのアクセスは悪くありません。駅前は雑多な雰囲気もありますが、駅から少し離れると落ち着いた雰囲気になります。賃料も物価も高くはなく、駅前には安くて美味しい店も多いですから、一人暮らしの人は便利なハズです。

アクセスは悪くなりますが、蒲田から東急池上線沿線の蓮沼池上もいい街です。その分、賃料も安くなりますから、蒲田で満足できる物件に巡り合わなかったらこの辺りで探すのも手ですね」

・浅草エリア

「観光地かと思われがちですが、浅草は住居数も多いエリアです。さすがに浅草寺や駅周辺は賃料も高いですが、田原町方面・入谷方面には賃料の安い物件も多くあります。浅草寺周辺だけではなく、飲食店などが広く分散しているのが浅草の特徴です。

北側は飲食店なども多くないので、浅草を満喫するなら、駅でいう浅草・田原町・稲荷町・入谷の四角形の中が、よりオススメ。歴史ある街なので、休日も楽しめると思いますよ」

・その他のオススメエリア

「総合していえるのは、JR・営団地下鉄・都営地下鉄のいずれかの路線が通っていれば、アクセスが不便ということは無いでしょう。上京する方にはどうしても恵比寿や吉祥寺、下北沢が有名ですが、都内にはもっと家賃や物価が安くて住みやすい街がいくらでもあります。

他にも小竹向原町屋赤羽小岩木場あたりも住むにはいい街だと思いますよ。また個人的には、ショッピングモールしかない臨海エリアより、古くからのお寺や商店街がある歴史ある街の方が、結局は長く住むには向いていると思います。そういう意味では根津・千駄木エリアもオススメですが、最近は家賃が上がって来てますね」
(カギカッコ内は不動産屋のコメント)

……とのことだった。いかがだっただろうか? 都内在住の筆者も全てのエリアを知っているわけではなかったが、引っ越しの機会があれば参考にしたいと思える内容であった。確かに「オススメしないエリア」と比較すると、今回話してもらったエリアの方が断然住みやすい気もする。参考にしてほしい。

Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.