「都知事」にまつわる記事

【スーパー泡沫候補列伝】後藤輝樹さん独白。NHKのスタジオがえげつない空気に包まれた瞬間 Byクーロン黒沢

計21人が出馬した今夏の東京都知事選挙。マスコミは主要3候補の動向ばかりを報道し、蚊帳の外に置かれた他候補は激怒。遂には候補者有志が在京キー局宛てに要望書を送付する事態に発展……したのは、皆さんご存知の通り。

そんななか、泡沫中の泡沫候補と言われながらも、軍服姿の異様なポスターや超過激な政見放送で都民の度肝を抜き、一部で熱い注目を浴びたのが、若干33歳の無所属・後藤輝樹さんだ。

続きを全部読む

小池百合子氏が鳥越俊太郎氏・増田寛也氏を破って東京都知事になることをドラクエの復活の呪文が予言していた!

2016年7月31日に開票された舛添要一氏の辞職に伴う東京都知事選では、小池百合子氏が初当選を果たした。鳥越俊太郎氏・増田寛也氏を大差で破っての勝利。初の女性知事は東京都をどのように変えていくのだろうか。

この都知事選の開票結果も「8bitの預言書」としてお馴染みのドラクエの復活の呪文で予言されていたので東京都民のみならず世界中の方々にご紹介したい。

続きを全部読む

都知事選の影響で隅田川花火大会が『荒天の場合は順延なし』に! ネットの声「舛添のとばっちり……」

2016年6月21日に、舛添要一氏が東京都知事を辞任したことにより、思わぬところに影響が出ている。次の都知事を選ぶ選挙は、7月14日告示、同月31日に投開票が行われる予定なのだが、その投開票日。つまり7月31日は第39回隅田川花火大会の予備日に当てられていた。

前日の30日がもしも荒天になった場合、翌日の花火大会予備日が選挙日と重なってしまう。そうなると、実施が困難になるため、中止になってしまうそうだ。一体、どうしてこうなってしまったのか?

続きを全部読む

中国で売られてる「尖閣トランプ」を買ったら石原元都知事の写真が出てきた

中国・上海の「東方明珠塔」と超高層ビル群に「中国なんてすげぇんだ、東京なんて目じゃないぜ」と感動する中国人は数知れず。そんな東方明珠塔の帰りがけにトラップはある。

お土産コーナーでは、B級感漂う「釣魚島トランプ」がしれっと置かれている。釣魚島とは、尖閣諸島の中国名だ。プロパガンダ成分たっぷりのこれを日本人としては気になるわけで、店員のおばちゃんの言い値10元(約160円)で何が出るかわからぬこのパンドラの箱を購入した。

続きを全部読む

【東京都】マジか!? 都バスと都営地下鉄の24時間運行を検討 / ネットの声「タクシー涙目」

夜の飲み会や残業のとき、常に意識してなければならないのが「終電」だ。それを逃したら金銭的に大打撃! タクシーに乗るか、それともどこかで一泊するか……の2択となる。また、終電狙いでナンパしている人もいると聞く。

そんななか……2件のビッグニュースが飛び込んできた。まずは都バスの24時間運行化だ!

続きを全部読む

【速報】石原慎太郎都知事が辞任表明! 11月にも新党結成・国政復帰へ / 国民の声「政治が動き始めた」「ところで尖閣寄附金は?」

足掛け14年に渡り東京都知事を務めた石原慎太郎知事が2012年10月25日をもって辞任することを表明した。

今後の進退については、新党を結成し再び国政に復帰する意向だという。ネット上では驚きの声が飛び交っている。

続きを全部読む