4a3b946eaf0d11e1b2fe1231380205bf_7

夜の飲み会や残業のとき、常に意識してなければならないのが「終電」だ。それを逃したら金銭的に大打撃! タクシーに乗るか、それともどこかで一泊するか……の2択となる。また、終電狙いでナンパしている人もいると聞く。

そんななか……2件のビッグニュースが飛び込んできた。まずは都バスの24時間運行化だ!

・開始されるのはクリスマス時期!
東京都の猪瀬知事は16日、年内に都営バスの一部路線を24時間運行する意向を明らかにしたという。区間は渋谷ー六本木。開始されるのはクリスマス時期と予想されているという。

・地下鉄の24時間運行は難しい?
続いては都営地下鉄が24時間運行化! このニュースを報じたのは日経新聞。政府が都営地下鉄や路線バスの24時間運行などを推進する検討に入るのだという。これが実現されれば終電ともオサラバだ!

しかし、前述の猪瀬都知事は、路線メンテナンスの関係で地下鉄の24時間運行は難しいと延べ、「地下鉄は運行時間をできるだけ延長する。ただバスは24時間可能だ」とコメントしたという。

・都内タクシー業界打撃は必至!
どちらにしても、もしも24時間運行が実現されれば、深夜の東京の交通手段はガラリと便利に一変する。これらニュースに対し、ネットユーザーたちは……

「タクシー涙目。」
「都内タクシー業界打撃は必至!」
「都営地下鉄よりバスの方が嬉しい。どこで遊んでても帰れる♪」
「うあー、やめて~!過労死が増える。」
「便利はいいけど、やらされる方はたまんないなぁ。」
「素晴らしい、とか絶賛してる人もいるけどこれ運行する側の心身疲労は大丈夫なのかな。事故とか…」
「山の手線を24時間運行にしてくれ。」

などと反応。嬉しがる人もいれば、心配する人もいるようだ。

また、飲み会や仕事のときに「終電なので……」と逃げることが難しくなると心配する声も多数ある。バスや地下鉄の24時間運行が実現されたとき、私たちの生活はどのように変わるのだろうか。期待大だ。

参照元:朝日新聞日経新聞
photo:RocketNews24