「色恋相談室」にまつわる記事

【色恋相談室】「新入社員男性を好きになりました」

今回は、「オフィスラブ」に関するご相談です。自宅警備員を除く大半の社会人は、1週間のうち約5日間、1日のうち約8時間を職場で過ごします。そこにオトコとオンナがいれば、色恋沙汰が生まれるのも当然のこと。さて、どのようなお悩みでしょうか?

続きを全部読む

【色恋相談室】「穴にこもる男性心理が知りたい」

今回のご相談は女性から寄せられた、「男性心理」に関するお悩みです。同じ人間とはいっても、オトコとオンナでは付いているものが違うのですから、何を考えているのかわからないのは、ある意味当たり前のことですよね。今回は、「穴にこもる男性心理」に的を絞り、紐解いていきましょう。

続きを全部読む

【色恋相談室】「どこからが浮気? 浮気の境界線を教えてください」

今回のご相談は年齢不詳の男性から寄せられた、「浮気の境界線」に関するお悩みです。浮気……、筆者愛用の国語辞典には、「心が浮ついて変わりやすいこと。愛情がほかの人に移りやすいこと」と記載されています。具体性がないので、境界線がビミョーですよね。というわけで、浮気の境界線を定義づけしたいと思います。

続きを全部読む

【色恋相談室】31歳男性「男なのにソーセージが好きってヘンですか?」

今回のご相談は、31歳男性から寄せられた、「酒のツマミ」に関するお悩みです。酒は、男女の距離感を縮める際、ひと役買ってくれるありがたい存在! ただし、お酒ばかりガブガブ飲み続けると、酔いが回って色恋どころではなくなります。そこでツマミと一緒に味わうことになるのですが、ツマミで悩むことってありますかね? 基本的には、好きなものを注文すれば良いと思うのですが……。

続きを全部読む

【色恋相談室】26歳女性「結婚前提に付き合っている彼氏の名字がダサい」

今回のご相談は、26歳女性から寄せられた、「名字」に関するお悩みです。皆さんは、ご自身の苗字を気に入っていますか? もしくは気に入らないですか? 筆者の場合、“菊池” 姓は割と多い名字なので、気に入っているとか気に入らないなどの感覚はなく、「普通」としか答えようがないのですが、自分の名字にこだわりを持つ人も存在するようです。

続きを全部読む

【色恋相談室】27歳男性「カノジョといえども他人を家に泊めたくない! 俺は心が狭いですか?」

今回のご相談は、27歳男性から寄せられた、「お泊まり」に関するお悩みです。男と女が深い仲に発展すれば、そりゃ大人ですから、お泊まりする夜もあるでしょう。そこに生じる悩みとは、イビキなのか、歯ぎしりなのか……一体どのような内容なのでしょうか?

続きを全部読む

【色恋相談室】30歳女性「誘いを断るときの『家の用事』ってナニ?」

今回のご相談は、30歳女性から寄せられた、「デートの断り文句」に関するお悩みです。彼氏を誘った際、必ずしもオッケーが貰えるとは限りません。断られるのは仕方ないとして、問題はNGの理由。「急な休日出勤」だったら、まぁ納得できますよね。では、「家の用事」はいかがでしょうか?

続きを全部読む

【色恋相談室】34歳男性「『美魔女ですね!』は失礼ですか?」

今回のご相談は、34歳男性から寄せられた、「年上女性」に関するお悩みです。いまや、姐さん女房カップルが珍しくない時代! 1~2歳上どころか、10歳上だとか、干支ひと回り違うカップルも存在します。読者の男性陣も、いつ年上女性と恋に落ちるかわかりません。有事に備え、年上女性に対する接し方をシミュレーションしておきましょう。

続きを全部読む

【色恋相談室】28歳女性「重いオンナで何が悪い?」

今回のご相談は、28歳女性から寄せられた、「重さ」に関するお悩みです。と言っても、ダイエット相談ではございません。いや、筆者は昨年14キロのダイエットに成功しておりますゆえ、そっち系のご相談もウェルカムなのですが、ここでは「感情の重さ」について考えたいと思います。

続きを全部読む

【色恋相談室】29歳男性「女性ウケする俺通信の書き方とは?」

今回のご相談は、29歳男性から寄せられた、「俺通信」に関するお悩みです。いや、正確に言うと、ご相談メールにはひと言も「俺通信」とは書かれていないのですが、内容を分析した結果、「嗚呼、これは俺通信だな!」と、筆者の独断で解釈させていただきました。

私たち女性にとって「俺通信」は馴染みの深い言葉ですが、もしかすると男性にはまだ浸透していないのかもしれませんね。その辺りも含めて、解説いたします。

続きを全部読む

【色恋相談室】34歳女性「SNSで、好きな人にブス顔を見られるのが辛い」

今回のご相談は、34歳女性から寄せられた、写真に関するお悩みです。カメラ機能付き携帯電話の普及で、写真を撮ることがごく日常的な行為になりました。一億総カメラマンと言ってもいい時代でしょう。写真が身近になったことで、便利な反面、それに伴うお悩みも生じてしまっているようです。

続きを全部読む

【色恋相談室】37歳男性「女ってなんであんなに小食なの?」

今回のご相談は、37歳男性から寄せられた、女性との食事デートに関するお悩みです。と言っても、中華が良いのか、イタリアンが良いのか……などのお店選びに関してではなく、彼が気になっているのは、相手女性の食事量について。

続きを全部読む

【色恋相談室】23歳女性「彼氏が“イケメン”ではなく “イケメソ” なんです」

今回のご相談は、23歳女性から寄せられた、彼氏の○○活動に関するお悩みです。最近は、「○○男子」や「○○女子」と同じくらい、「○○活動」という造語が激増していますよね。ひと昔前までは就活、婚活くらいだったのに、今や「朝活」だとか「終活」だとか、挙げていくとキリがないです。さて、相談者の彼氏は、何活動に没頭しているのでしょうか?

続きを全部読む

【色恋相談室】30代男性「カノジョが俺の部屋に来て会う! これが俺にとってベストな付き合い方」

今回のご相談は、30代男性から寄せられた、デートに関するお悩みです。映画に行くべきか、それとも遊園地か……といった類の悩みではなく、彼は「家でしかデートしたくない!」とのこと。それに対して彼の恋人は、いわゆるお外デートを望んでいるようです。

続きを全部読む

【色恋相談室】37歳・女性「バストサイズは落とさずに、体重だけ落としたい」

今回のご相談は、筆者と同じ30代後半の独身女性から寄せられた、ダイエットに関するお悩みです。「バストサイズは落とさずに、体重だけ落としたい。男性は皆、グラマーな女性を好むものですよね?」とのことですが……。

続きを全部読む

【色恋相談室】20代OL「気になる異性から『君ってベイマックスみたいだね』と言われたのですが……?」

先日、編集部宛に次のようなご相談が寄せられました。

「気になる異性から『君ってベイマックスみたいだね』と言われたのですが、これって……?」

筆者は、ベイマックスのような男性がけっこう好きなので、ご相談者さんの「気になる異性」も、筆者と同じ好みをしているのでは……と返そうとしたところ、よくよく読んでみると、ご相談をお寄せいただいたのは20代のOLさん! ベイマックス女子のようです。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5