「編集者」にまつわる記事

【必見】『進撃の巨人』作者が19歳の時に描いた読み切り版が無料公開される / 才能を見抜いたマガジン編集部スゲーーーッ!

「別冊少年マガジン」で連載中の漫画『進撃の巨人』。人類と巨人との戦いを描いたダークファンタジーで、アニメはもちろん、ハリウッド映画化まで決定しているメガヒット作だ。

その『進撃の巨人』のプロトタイプとも言える読み切り版が、漫画投稿サイト「マガジンデビュー」にて無料公開されている。作者である諫山創先生が19歳の時に描いたもので、ファンならずとも必見の内容になっているぞ!

続きを全部読む

女性作家は「本当に面白い漫画」は描けない? 女性マンガ家がある男性編集に言われた言葉が話題に → 羽海野チカ先生の反応がこちらです

マンガが出版される際、商品の形にまとめる編集者。発掘なども担当するマンガ編集者はマンガ家と表裏一体、ある意味「マンガのプロ」と言っても過言ではないだろう。

そんな編集者の男性が女性マンガ家に言い放ったとされる言葉がTwitterで話題だ。「結局女性作家って本当に面白い漫画は描けないじゃないですか」……現在、ネット上で物議を醸すこのひと言に、羽海野チカ先生が反応しているのでお伝えしたい

続きを全部読む

鳥山明を発掘した鳥嶋和彦はじめ歴代ジャンプ編集長が「今だから語る」ドキュメンタリー『ボクらと少年ジャンプの50年』がNHKで放送!!

マンガ雑誌と言えば、週刊少年ジャンプを置いては語れまい。胸踊る冒険や闘いの中に詰め込まれた輝くような「友情・努力・勝利」は、子供たちの夢と言っても過言ではないだろう。2018年7月、そんなジャンプのドキュメンタリー「ボクらと少年ジャンプの50年」がNHKで放送される。

マンガ家や編集者に証言を聞き、現在の編集部にも密着取材するというこのドキュメンタリー。さすがに出演陣のマンガ家は豪華だ。そう思って出演陣を見ていくと……ファ!? 鳥山明さんを発掘した名物編集者・鳥嶋和彦さんがいるゥゥゥウウウ

続きを全部読む

【衝撃】マンガ家が語る『実際にあったヤバイ打ち合わせベスト3』に同業者から共感の声「1位は私も経験あります」「わかります!」

突然だが、みなさんは『打ち合わせ』をしたことがあるだろうか。意識高い業界臭がするこの言葉。私(中澤)は、ちょっと苦手である。

雑誌編集部などは打ち合わせが多いイメージだが、現在、あるマンガ家が描いた「さすがにねーわ、と思った打ち合わせベスト3」が話題だ。ネット民は「どれもヒドイ」などドン引きしているが、同業者からは共感の声が。マンガ業界スゲェ……。

続きを全部読む

【悲報】新海誠さん、童貞じゃなかった

昨年2016年、「社会現象」と呼ばれるヒットを記録したアニメ映画が『君の名は』だ。時を超えた純愛を描いたこの映画は、多くの若者の支持を受け、アニメ作品としては『千と千尋の神隠し』に次ぐ歴代2位の興行収入をたたき出した。

本日6月13日発売の日刊スポーツが、そんな『君の名は』の新海誠監督の不倫を報じている。マジかよ……! 新海誠さんって童貞じゃなかったのか!!

続きを全部読む

【男の妊娠】「母の気持ち」を知るために……15キロの妊娠スーツを着用した40代男性が悪戦苦闘! “出産の痛み” を体感すべく電気ショックも!!

よく「スイカを鼻の穴から出すような感じ」と例えられるように、出産の痛さは有名。その上、妊娠の大変さは誰もが知っていることだ。しかし、全ての人間が実際に、妊娠・出産を体験するわけではない。

特に男性が、妊娠・出産することは不可能。その大変さを、ただただ想像するだけだ。しかしこの度、3人の40代男性が妊娠・出産を疑似体験することに。もちろん出産時の痛みも忠実に再現! ということでその模様をお伝えしたい。

続きを全部読む

【ライター講座】うまく文章が書けなくなった時は「酒を飲むとイイ」

プロの世界で文章を書くようになってから、もう15年も経ってしまった。様々な雑誌でコラム連載してきたし、文章だけの本も何冊か出した。そして今こうして、ネットメディアに記事を書いている。そろそろ皆に文章を教えても良い頃だろう。本当は漫画家なのだが。

ということで今回から始まった『GO羽鳥のライター講座』、記念すべき第1回は、“どうしても上手く文章が書けない時は何をすべきか” 、要するに「煮詰まっちゃったときの打開策」だ。プロのライターを目指す人は、ぜひとも目を通していただきたい。

続きを全部読む