「幸福」にまつわる記事

【最新版】「世界幸福度ランキング2018」が発表される / 第1位はフィンランド、日本はまさかの……

2018年3月14日、国連が『世界幸福度ランキング』を発表した。このランキングは「所得」「健康と寿命」「社会支援」「自由」「信頼」「寛容さ」などの要素を基準にランク付けされたもので、昨年日本は51位であった。

果たして日本の幸福度は上がっているのか? 詳細は以下でご覧いただきたい。

続きを全部読む

ある女性が発表した「幸せになるためにやめなければならないコト」が話題に! ‟先入観を捨てる” など

人間誰だって「幸せになりたい」と思うもので、「不幸になりたい」という人はあまりいないだろう。そして、幸せになるためには、アレもコレも手にしなければいけないような気になってしまうのだが、時には、‟何かを諦めたりやめること” も必要だというのである。

そんな、「幸せになるための秘訣」を発表した、女性の教訓をいくつか紹介したいと思う。

続きを全部読む

2016年版『世界の幸せな国ランキング』がこれだ! 日本は157カ国中53位で過去最低 / 第1位のデンマークは “幸せの秘けつ” を公開

これまでに多くの団体が「世界幸せな国ランキング」を発表してきた。けれども判断基準が違っているため、結果は様々。2014年にとある移民情報サイトが発表したランキングでは、上位10カ国のほとんどを中南米の国がしめ、日本は45位。

2012年の経済平和研究所によるランキングでは、日本は5位となった。しかし国連の「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(Sustainable Development Solutions Network、以下SDSN)」が発表した、2016年版の『世界幸福度レポート』では日本は53位だったというではないか。

続きを全部読む

金で幸せを買ったらこうなった

幸福の象徴である四葉のクローバー。「見つけるのが大変」というイメージを持っている人は多いだろうが、実はその栽培セットなるものが販売されている。これを買って四葉のクローバーをごっそりと手に入れるぞ! そして幸せを手に入れたるぞ! 

……と、ここまでは前回の記事でお伝えしたので、覚えている人はいるかもしれない。今回はその経過を何枚かの写真とともに報告しよう。

続きを全部読む

金で幸せを買ってみた

四葉のクローバーと言えば、幸福の象徴だ。「幸運を運んでくる」という言い伝えを信じ、公園などで必死に探した経験がある人もいるだろう。そんな四つ葉のクローバー、栽培セットという便利な代物があると知ったのは、最近のこと。

「マジ? あれだけ見つけるのが大変だった四つ葉のクローバーが、鉢からブワ〜って生えてくるの? 若干怖い気もするけど、縁起良すぎるだろ! これは買い!」……と、私(筆者)はAmazon でボタンをポチッと押してしまった。

続きを全部読む

【世界幸福度ランキング】2015年版の1位はランラランララッホホーイヤホッホイヤホッホ

世界で最も幸せなのは、ハイジの舞台としても有名なあの国の人々のようだ。先日、国連の「Sustainable Development Solutions Network」は、2015年度版の国別幸福度ランキングを発表した。果たして日本は何位なのだろうか? 結果は……以下の通り。

続きを全部読む

英シンクタンクによる『世界幸福な国』トップ10のうち9カ国が中南米! ネットでは「治安は?」と驚きの声 / なお日本は45位

「人間は誰でも幸せになる権利がある」とは言うものの、全ての人が同じ条件下で人生がスタートするわけではない。同じ時代に生まれても、国によってチョット状況が違ってくる。どこの国なら幸せになれるのだろう?

先日、移民情報サイトが世界の幸福指標から作成した『幸福な国マップ』を発表して話題となっているので紹介したい。その地図及びデータによると、幸福度が高い国は中南米がほぼ独占しているというのだ。

続きを全部読む

自分がどれだけ恵まれているか痛感できる「見たら絶対忘れられない90秒のビデオ」が大きな話題

何気なく毎日生きていると、自分がどれだけ恵まれているか忘れてしまいがちだ。そんなあなたの心がパンチを食らうこと間違いなしの「見たら絶対忘れられない90秒のビデオ」が大きな話題となっている。一言も言葉が発せられることはないが、心にズシンと来ること間違いなしだ。このビデオは動画「Most shocking second a day video」で確認可能だ。

続きを全部読む

通勤時間は人生の幸福度に大きな影響を与えるとの調査結果 / 在宅ワーカーは幸福度が高い

これを読んでいる皆さんの通勤時間はどれぐらいだろうか? 日本人の往復通勤時間が1時間以上なのは普通だと思うが、週単位で考えると5時間にもなる。そう考えると何だかもったいない気分になるが、通勤時間と人生の満足度の関連性を調べた最新調査で、興味深い結果が明らかとなったので紹介したい。

続きを全部読む

薬の副作用に「現実からかけ離れた幸福感」と書いてあったと話題

病院で処方される薬や、薬局で買える薬など、薬にも様々な種類があるが、どんな薬にも「副作用」はある。もっとも身近な薬の副作用は「眠くなる」であろう。お腹がゆるくなることもあるだろう。

そんななか、とあるネットユーザーに処方された座薬に書かれていた副作用が話題になっている。その副作用とは……「現実からかけ離れた幸福感」だ! これはヤバイ。なんだかヤバイ!!

続きを全部読む

金融危機の後でも「世界全体の幸福度は上昇している」との調査結果 / 幸せはいったいどこにある?

2008年の金融危機は世界中の多くの国とその国民に甚大な被害を与えた。家や職を奪われた人も多い。各地で反格差デモが始まった。世界中に憂鬱な空気が広がっている、そう感じている人は少なくないと思う。が、意外な調査結果が発表された。なんと世界の幸福度は金融危機以前の2007年と比べて上がっているというのだ。

調査会社イプシスは24カ国の成人1万9000名を対象に過去5年間、同じ方法で幸福度調査を実施してきた。「総合的に見ると、あなたは『とても幸せ、結構幸せ、あまり幸せでない、全く幸せでない』のどれに当てはまりますか?」という質問に対する回答をまとめたところ、「とても幸せ」と答えた人が2007年には20パーセントだったのに対して、2011年は22パーセントと上昇する結果となった。

続きを全部読む