「世界一」にまつわる記事

【秒間6.8回】もはや残像しか見えない! ズボンのチャック開け世界記録保持者の動きが神レベルの速度でヤバイ

かつてファミコン名人の「高橋名人」は、1秒間に16回もボタンを押す神業で我々のド肝を抜いてくれた。その技は「16連射」と呼ばれており、今なお語り継がれる伝説のスーパーハイスピードプレイである。

そして今――。

新たなハイスピード伝説が生まれようとしている。いや、すでに世界記録を樹立したもようなので、生まれてしまったもようである。どんな早業なのかは、動画「World Record: Most Times Unzipping Pants In 30 Seconds」をご覧いただくのが手っ取り早い。

続きを全部読む

【神業動画】ヨーヨー世界一の日本人が「2012年全日本ヨーヨー選手権」で披露したヨーヨープレイがハンパない!

スポーツでも芸術でも、どんな分野でも日本人が「世界一」の地位にいるのは誇らしげな気持ちになる。よくぞやってくれた! ありがとう! といった具合である。

ということで今回ご紹介したい世界一の日本人は、ヨーヨーパフォーマーの鈴木裕之(すずきひろゆき)さん23歳。彼は日本大会、アジア大会、そして世界大会でも連覇を成し遂げるヨーヨー界の生きる伝説。ギネス記録まで持っている。

続きを全部読む

米ニューヨークで第一回「世界ゲップ選手権」開催 / それでは18.1秒におよぶ世界一のゲップ音をお楽しみ下さい

マナーとして人前で出すのは控えるべきなのが「ゲップ」である。炭酸飲料水を飲んだあとには、かなりの確率で「グゥェ~ップ」とゲップが出る。しかし決して人前で披露してはならない。

だがしかし、そんなゲップの良し悪しを競う大会が米ニューヨークで開催されたのでご報告したい。その名も第一回「世界ゲップ選手権」である。

続きを全部読む

ハンパないデカさ! ギネス記録も認めた「世界一大きな目を持つワンコ」

愛犬家のみなさんはおわかりだろう。クリッとしたつぶらな瞳を持つワンコの可愛さは異常だ。そんな可愛すぎる瞳でモノ欲しそうに見つめられたら、思わず「そんな目で見ないでくれよ」とこっちが苦悩してしまうほどである。

そんなつぶらな瞳を持つワンコのなかでも、とびきりの目を持つことで話題のワンコがいる。それは、米テキサス州に住む4歳のボストンテリア、ブルスキ君。彼は、ギネス記録にも認定された「世界一大きな目を持つワンコ」なのだ。

続きを全部読む

世界一速いソファーが時速163キロをマーク!

お気に入りのソファーを探しているなら、世界一速いソファーはどうだろうか?

ブッチギリの速度で爆走するこちらのソファー。直線コースながら時速163キロを超えており、文句なしの世界一速いソファーなのである!

続きを全部読む

【闇の大人たち】第42回:世界一汚いキーボード 新王者は日本人!

ベトナム南部の片田舎に、世界一汚いキーボードを使いこなす謎のウェブ・デザイナーがいるという──。しかもその男、我が同胞の日本人だそうな。

そんな話を聞いては居ても立ってもいられず、向かったのはベトナム南部の大都市・ホーチミン市。ここで情報をくれた在住者と合流、件の男が住むという寂れた村までレンタル・バイクで数時間の小旅行……。

幹線道路をひた走り、土埃の舞うデコボコのあぜ道を、右に左に曲がりくねったどん詰まりに、謎の男・井上さん(仮名)の暮らす家があった。

物珍しそうに私たちをとりまく近隣の農民たちに引きつった笑顔を振りまき、トタンの門を叩く。と、グラサン姿の井上さんが登場。彼はアジア各国を放浪しながらここに流れ着き、村で唯一の光ケーブルを引いて、日夜、ウェブデザインで収入を得る今流行りのノマドワーカー(?)なのであった。

続きを全部読む

米コロラド州でギター教室を経営する男性が、とんでもない世界記録を樹立し、話題を呼んでいる。彼はギター速弾きに挑戦し、ギネス・ワールド・レコードで記録されている速さの、約1.5倍のスピードで演奏したのだ。あまりの速さに何を弾いているのか、うまく聞き取れないほどの超絶スピードなのである。

続きを全部読む

「もう少し背が高ければなぁ」と思っている人、少なくないだろう。しかし、高すぎるのも困ったもの。身の回りのすべてのもののサイズが合わない、歩くことさえ困難など、背が高いがゆえの悩みを持つ人々もいる。そんな悩みにいちばん苦しんできたであろう人類史上最も大きな5人を紹介したい。

ロバート・ワドロー(Robert Wadlow):272センチメートル
史上最高身長を記録し、ギネスブックにも記載されている人物。1918年、アメリカ、イリノイ州のオールトンで生まれ、「オールトン・ジャイアント(Alton Giant)」や「イリノイの巨人(Giant of Illinois)」と呼ばれた。成長ホルモンの過剰分泌により、急激に身長が伸びるようになり、8歳ですでに188センチメートルあった。21歳の時、体重が自己最大の233キログラムに達し、22歳の若さで亡くなった。

続きを全部読む

世界一大きなパンツが先日発表された。そのサイズは、ナントXXXXXXXXXXXXXXXL! Lよりも大きいXLの、さらに大きいXXLの、さらに……であり、Xの数はオドロキの15!

このパンツの持ち主は女性。ウエストのサイズは105インチで、計算すると約2メートル66センチということになる。で、でかすぎる……。それにしても、一体どこでこんなに大きなパンツが買えるのだろうか?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3