「ニートの日」にまつわる記事

8年間ニートだった私が「空白期間」をさらけ出した上で内定を得られた、たった1つの方法

うすうす皆さんお察しかもしれないが、本日2月10日は「ニートの日」である。こんなに美しく切ない語呂合わせが他にあるだろうか。ともあれ今回はこの「ニートの日」にちなんで、8年間ニートだった筆者に、少し過去の話をさせてほしい。

過去といっても、そう遠くはない。約1年前のニート末期の頃、筆者はこうしてロケットニュースの外部ライターになる前に、ちょっとした就職活動めいたことを行っていた。そして8年間の空白期間を背負いながらも、運良く3社中1社から内定を頂けた。

にもかかわらず何故ライターをやっているのかについては以前書いた記事を参照してもらうとして……就活の際、筆者がどうやって空白期間のハンデを乗り越えたか、いかにして履歴書や面接を切り抜けたかについて書いていこうと思う。

続きを全部読む

ニートあるある60連発

なんでも本日2月10日は「ニートの日」らしい。職業に就こうとしない若者を指す「ニート」が社会問題になって久しいが、実を言うと筆者(私)もニート体験者。ずいぶん前だが、1年くらい空白の時間を過ごしたことがある。

そこでだ。「ニートの日」にちなんで “ニートあるある” をお届けしたいと思う。数も日にちに合わせて210個……と言いたいところだが、そこまでひねり出せないので60個をご覧いただきたい。ではどうぞ!

続きを全部読む

【ニートの日】元ガチクズのニートが語る「クズにならないために死守するべき三カ条」

職業に就こうとしない若者を指す「ニート」の数は60万人以上とも言われており、現在も深刻な社会問題となっている。そして本日2月10日は、誰が決めたか「ニートの日」。過去にはインターネット上で『天下一無職会』なるものも開催されている日だ。

そんな年に一度の日に「クズにならないために死守するべき三カ条」を教えてくれたのは、元ガチクズニートの30代サラリーマン男性。「正体がバレないよう匿名だったら……」と条件付きで、伊東ハイジ(仮名)さんがインタビューに応じてくれた。

続きを全部読む