「若い衆を送り込みますんで……」。

ミスターテゴワシとの異名を持つ有限会社豊美園(ホービエン)の小川さんは受話器の向こうでニヤリと笑いながらそう言った。※テゴワシについては前回を参照

はたして、どんな職人さんたちが来るんだろう。こちらの布陣は、羽鳥、Yoshio、Yoshioの甥っ子・リアム君(アメリカ人)の3人だ。

灼熱の真夏日。埼玉某所の現場に待機していると、1台のトラックがやってきた。ホービエン軍団の到着である。

オーライオーライーオーライ!


ピィーピィーピィーピィー!


ピッ!


なんという見事な運転技術! THE・プロの技!! 実は彼らがトラックを置いた場所、あまりにも狭く、すぐそこは崖、一歩間違えたら絶対に横転というハードモードな小道なため、我々は軽自動車の中でも小さい三菱ミニカでさえビビって置けなかったというのに……!!


そして中から出てきたのは、まだまだ若手のヤングボーイ。もう一人は、同僚から「アニ!」と呼ばれている褐色の兄貴こと「アニ・キ」。そして、最後の1人は、運動神経抜群なリーダー格……


なぜか化粧をしているIMAZU(いまづ)さんである。


多様化のメッカでもある新宿二丁目のド真ん中に事務所を構えて10年以上も経っている我々ロケットニュース軍団にとって、化粧だとか女装だとかは日常茶飯事。なので、特に何の違和感もなく普通に接してしまったのだが──

IMAZU「慣れっこなんですか! 一体なぜ男が化粧しているのに不思議な顔もせず何も言ってこないんだろう……と思ってました」──と、逆に彼の方がビックリしていたようである。

聞けばハロウィンでの仮装からハマってしまい、それ以来は女装も含むお化粧のトリコに。あるあるある、そういうのある。普通、普通。むしろOK。というか、私を含めそういう人が不思議と集まってくるな、ウチ。


・対策すべき熱中症と青大将

それはさておき、今回の作業は「テゴワシ」をやりやすくするための下準備。まずは雑草や雑木を一切合切伐採(いっさいがっさいばっさい)しようという作戦である。──と、作業の前に、リーダーが我々に諸注意を。

IMAZU「草とか、瓦礫とか、ある程度片付くまでは、闇雲に手を突っ込まないでください。なぜなら、今の時期、ヘビ(アオダイショウ)がいるからです。噛まれたらマジでヤバいんで注意してください」

ちなみにアオダイショウの牙は、ショーワ(SHOWA)のゴム手袋なんて余裕で貫通するほど鋭いらしく、とにかく噛まれないように、とのこと。あとはムカデなどにも気をつけてと。でも一番注意すべきは、ずばり暑さ。

私は植物は昆虫や動物の毒と日差しを気にして長袖のツナギ&ヘルメットを着用しているが、中にはしっかりと「空調服」を着込んでいるので、そこそこ涼しい。また、ホービエン軍団が、持参してくれた飲み物を……

冷たい川でさらに冷やす……なんてイキなことまでしてくれていたので、熱中症対策は万全であった。あとスイカがあれば完璧だった……!!


・終わらない伐採

そんなこんなで作業開始。草刈機やチェーンソー、そしてノコギリなどを巧みに操り、どんどん雑草&雑木を伐採していくホービエン軍団。

刈る、刈る、刈る、刈るーっ!


切る、切る、切る、切るーっ!


それに対し、我々は、切り終えた雑木の整理。


運んでも運んでも……


積み上げても積み上げても……


_人人人人人人人人人_
> 終わらない!! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄


途中休憩しつつ、


野生のクワガタを発見しつつ、


ギコギコギコギコ!


エッサ、ホイサ。


トラックは満杯。


乗せられなかった雑草&雑木は、こんな山のような状態に! これらは次回に回収するとして、やっとこさ8割がたの伐採が完了。その結果……


わぁっ……

すっきり……

家から小川が見えるように……!


Oh……こ、これは……!


大改造!! 劇的ビフォーアフター風に言うと……


_人人人人人人人人人人人人人人_
> なんということでしょう! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄


あれだけうっそうとしていた物置小屋も……


なんとなく全貌が見えてきたではありませんか!!


──と、ここで、我らがリーダーIMAZUさんが聞き捨てならないセリフを吐いた。

IMAZU「これ、ユンボ(油圧ショベル)入るんじゃね?」


_人人人人人人_
> えっ!? <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄


IMAZU「テゴワシじゃなくて、ユンボで壊すこと、できんじゃね? こんなデカいのテゴワシしてたら、どんだけ時間かかっちゃうことか……」


まさかのテゴワシ撤回のユンボ解体!! そっちのほうが絶対にイイッ! 楽だろうし、早いだろうし……ユンボ賛成! 大賛成!!\(^o^)/


はたして次回、この狭い入り口のロケット荘に、待望のユンボは来るのであろうか? それとも当初の予定通りの「テゴワシ(手ごわし)」なのか……? 総監督・テゴワシ小川の判断は……!? 待て次回、乞うご期待!!


参考リンク:有限会社豊美園(ホービエン)
執筆:GO羽鳥
Photo:RocketNews24
[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]

▼動画もあるぞ!

[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]