9月中旬から10月半ばまでマックで販売されていた激うまスイーツ「月見パイ」、皆さんはしっかり食べ納めたでしょうか?

私(まろ)は計6個ほどだろうか。発売当初はそれこそ毎日のように食べていたが、序盤に食べすぎたせいで段々と足が遠のき、気づいたら販売が終わっていたのだ。

あれだけ食べろと記事書いといて、たった6個とはなんたる不覚。しかも食べ納めることが出来なかったことが本当に悔しい。このままでは晴れ晴れとした気持ちでグラコロを迎えることが出来ないじゃないか……!

反省したところでは秋は帰ってこない。かくなるうえは温めていた秘策を実行するしかないだろう。そう、月見パイの自作チャレンジをな……!!!!


・記憶を頼りに材料を揃え、適当に作ってみる

今回揃えた材料はコチラ。餡子、餅、パイシート、以上である。

正直めちゃくちゃ適当に買ってしまったが、マックの月見パイ自体がシンプルな作りのため、まあなんとかなるだろう。

餅を薄く切るのが1番大変そうなポイントだなと思っていたが、今はこんな便利なものが売っているのか! スーパーまでもが月見パイを自作しろと後押ししてくれているかのようだ。

さあ作っていこう。冷凍パイシートを薄くひろげ、餡子と餅を並べる。

パイシートを折りたたんだら、フォークの背を使ってそれっぽい形に整える。

油で揚げること数分……

完成! 色といい形といい、結構良い感じなんじゃないだろうか!?


だが、包丁で切込みを入れた瞬間悟ってしまった……これは失敗だと。

完成度的には正直本家の1割にも至らなかった。見た目や中身はいいとしても、パイ生地が全然だめ。

マックで出てくるパイの色を目指して低温でじっくり揚げたのだが、なんだかふにゃふにゃのパイになってしまったのだ。パイ生地も思っていたより厚くなってしまい、油まみれである。

どうやったらあんなにパリパリサクサクの黄金パイが出来るのだろう……。試行錯誤をすればもしかしたらその境地に到れるのかもしれないが、自作月見パイのあまりのマズさにそんな気力は無くなってしまった。

だってこんなに頑張って作って結局マズかったのに、秋限定とはいえマックに行ったらたった150円で激うまの月見パイが買えるんだよ?

材料費や労力を考えると、売っている時期ならば素直に買った方が絶対良いだろう。売ってない時期だったとしても、腕に自信のない人は自作なんてするもんじゃない。おとなしく来年の秋まで待つべきである。


・月見パイ購入は計画的に

今回のチャレンジを通じて得たことは2つ。

マックの月見パイは安くて美味くて凄いということ、そして「しゃぶしゃぶもち」がめちゃくちゃ便利だということ。以上である。

マックで買うに越したことはない……分かっちゃいたがそんな結果になってしまった。期間中に沢山食べておかなかったことを猛省した一日となりました。マックさん、来年も月見パイの販売よろしくお願いします!


執筆:まろ
Photo:RocketNews24.

▼逆に高温でカリッとさせようと思った結果、別の料理が誕生。あまりのまずさに、月見パイを食べ損ねた自責の念がふつふつと湧いてきます。