犬も歩けばそば屋に当たる。それほどに立ち食いそば屋がひしめく東京都内。そんな立ち食いそば屋のそばは、小麦粉などをつなぎに打たれたものが主流だ。そのつなぎを使わずそば粉だけで作られているのが十割そばである。

技術もコストも上がるため、値段が高くなりがちな十割そば。しかし、探せば立ち食いそば屋の中にも、十割そばが食べられる店がある。ワンコインで十割そば! 濃厚つけ汁にそばの風味が際立つ店がここだ!!

・記事のコメントから

ワンコインで十割そばと言えば、小川町『韃靼 穂のか』を以前の記事でご紹介した。4つの麺から選べる十割そばは、キレキレに研ぎ澄まされており、とてもワンコインとは思えないレベルであることをお伝えしたが、その記事に以下のようなコメントが。

「西巣鴨のもりしょうにも是非行ってみてください! そこも十割そばです」

──行ってません。というわけで、来てみました

・400円で十割そば

都営三田線西巣鴨駅から歩いて5分くらいのこの店。西巣鴨には初めて来たが、大通り沿いにポツポツとある食べ物屋のうちの1軒だったためすぐに見つかった。確かに十割、そして、もりそば400円とワンコイン以下である。

私(中澤)は「肉せいろ(税込500円)」の食券を購入。入店すると、店内はカウンターに沿って奥に伸びる鰻の寝床のような細長い造り。しかし、暗くはなく、愛嬌のある女将さんが出迎えてくれた。

入り口から入る柔らかい光。道を行き交う人はまばらだが、注文を待っている間にも何人かの客が入って来た。混雑しているわけではないが、居づらいほど空いてもいない。ちょうど良いのどかな時間が流れる。昼下がりの隠れ家タイムを楽しんでいると肉せいろが運ばれてきた。


湯気を立てる肉とネギが入ったつゆ。そばは細麺で、心なしか殻を利用した「ホシ」が多めな感じもする。


つゆにつけるとキラリときらめくようなそば。輝くお星様の行列はまるで天の川だ

食べてみると、まず口の中に広がるのは濃厚なつけ汁の味。肉のジューシーさがふんだんに溶けだした辛めつゆである。

しかし、そんなつゆにも負けないそばの風味。鼻に抜けるような香ばしさはさすが十割だ。

思わず評価にも満点の星をあげたくなるこの店。そののどかな店の雰囲気と合わせて仕事帰りに寄りたい隠れ家スポットだ。んー、星4つ! いつもより星多めで。

・今回紹介した店舗の情報

店名 もりしょう
住所 東京都豊島区西巣鴨3-22-7
営業時間 月~土11:30~22:00 / 日11:30〜20:00
定休日 無休(三が日休業)

Report:立ち食いそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.

こちらの記事についたコメントから行かせていただきました!