ニュース番組の “顔” とも言えるアナウンサー。中でも最近、注目を浴びているのが、中国国営放送・新華社が採用した「男性AIアナウンサー」である。2018年11月以降、すでに3400件以上の記事を読み伝えるなど、実際にバリバリ活躍しているところがまたスゴい。

さらに同局はつい先日、新たに「女性AIアナウンサー」の採用を発表。公開された動画でその姿を確認すると、パッと見たところまるで本物の人間。ついにAIの能力もここまできたか……と思わざるを得ないほどリアルだった。

・女性AIアナウンサーの名前は「新小萌」

女性AIアナウンサーが話す様子は、動画「Xinhua unveils world’s first female AI news anchor」で見ることが可能だ。再生すると……え!? これがAIってマジ? よく観察すると口元の動きが不自然だが、その他は超リアルである。

中国メディア「新華網」によれば、この人物は世界初の女性AIアナウンサーで名前は「新小萌」というらしい。前述の通り、以前から男性AIアナウンサーが活躍していることを考えると、中国はAIを活用するという点でかなりイケイケと言って良いだろう。

・24時間ニュースが見られる

ちなみに女性AIアナウンサーの映像は、実在するアナウンサーをベースにAIが合成、音声もAIが生成したものとのこと。つまり、本物のアナウンサーがその場にいなくてもOK。女性AIアナウンサーがいつでもニュースを読み上げてくれるというわけである。

あらゆる電子機器にAIが搭載・活用される時代が到来しているが、ついにアナウンサーにもその波が来たようだ。確かに、24時間ニュースが見られるようになるのは便利である。日本のテレビにAIアナウンサーが登場する日も、そう遠くないかもしれない。

参照元:YouTube新華網(中国語)
執筆:K.ナガハシ

▼女性AIアナウンサー「新小萌」がこちら

▼英語担当の男性AIアナウンサー「張昭」がこちら

▼中国語担当の男性AIアナウンサー「邱浩」がこちら