カレーはウマイ! とんかつもウマイ!! すなわち、カツカレーは凄くウマイ! ただの足し算でも強いのに、それ以上の魅力を発揮するのがカツカレーという食べ物である。

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ち食いそば放浪記」。第149回は、そんなカツカレーが名物の立ち食いそば屋。クリスピーなとんかつにカレーが染みる!

・立ち食いそば屋だけどカツカレーが名物

そのそば屋の名は『きぬそば』という。東京は末広町にあるこの店。そばについては以前の記事でご紹介したが、その際、やたらと客が注文していたのがカツカレーだったのだ。

さらに、店の看板には「そば・うどん・カツカレー」と書かれている。通常なら「そば・うどん・カレー」だと思うが、カツカレーと名指しするところに店主の自信を感じずにはいられない

・広がる懐かしい世界

というわけで、そば屋だけど「カツカレー(税込580円)」を単品注文。やって来たのは……

ひたひたのカツカレー! 衣が溶け出さんばかりだ。どうやら、カツカレー側の準備は万端のようである。ならば食べようスプーンの赴くままに! とんかつとカレーを同時に口に放り込んだ!!

噛んだ瞬間、衣から染み出してくるカレールー。その味はスパイシーでありながら優しい。この素朴さには覚えがある。そう、まるであの日に食べたカレーのようじゃないか

突然の夕立にダッシュで駆け上がった家の前の坂。雨が上がり、眩しすぎる夕日にどこまでも走っていけるような気がした。世界が今よりもちょっとだけ広かったあの暑い夏の日

目を閉じれば、あの日の夕暮れが見えるようである。なんでもない。なんでもないんだけど……どこか懐かしい

View this post on Instagram

朝からカツカレーでチャージ!

A post shared by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on

気張りすぎない居心地の良さがある『きぬそば』のカツカレー。昼時、スーツ姿のサラリーマンたちが注文していくのも分かる気がする味だった。

・今回紹介した店舗の情報

店名 きぬそば
住所 東京都千代田区外神田6-10-11
営業時間 月~金7:30~17:30
定休日 土・日・祝

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

こちらもどうぞ → シリーズ「立ち食いそば放浪記