みんな大好きカレーライス! あなたはカレーを食べたいと思った時、どこに行くだろうか。カレー専門店? インド料理屋? いやいや、そば屋のカレーもなかなか侮れない

セットとしてそば屋の戦力の一翼を担うカレー。以前の記事で、新橋『丹波屋』や東十条『そば清』など、専門店顔負けのカレーを出すそば屋をご紹介したが、また1つ、カレーのウマイそば屋を発見したためご紹介したい。今回は、本格欧風カレーである

・普通すぎる看板の写真

大人の街・赤坂。大型デパートが立ち並ぶ赤坂見附の駅前にその店『蓼科(たてしな)』はある。外観は、なんでもない立ち食いそば屋であるこの店。店頭には「そばやの旨いカレー」という看板が出ているが、写真のカレーは普通だ

富士そばのカレーと変わらないように見える。むしろこれ富士そばのカレーの写真じゃね? というわけで、私は完全に侮っていた。

・あれ?

そんな風向きが変わったのは、入店し注文した「カツカレー(税込590円)」が出てきた時。あれ、なんか思っていたのより本格的なのが出てきたぞ? スプーンですくうとトロみを感じる濃厚なルーがウマそうじゃないか。

・百聞は一食にしかず

でも、カレーって基本どれもウマく見えるしなあ。まあ、百聞は一食にしかず。ひと口食べてみたところ……

ウンマァァァアアア! 激ウマ!! まろやかな舌触りの中に、ピリッとスパイシーな味が効いたルーは本格派欧風カレーの味である。言うまでもなく、白飯との相性は完璧だ。これ、何杯でもイケる!

さらに、濃厚なルーがサクサクのカツと絡めばご飯が止まらない! ウメェ!! ガチでウメーーーーーーー! 舌鼓を打ちすぎてブラストビートになるレベル!!

・高いレストランや専門店よりウマイかも

隣でそば食ってる人は、なぜカレーを頼まないのか? そんな疑問を持ってしまったが、よく見ると隣はガチでブラストビートを叩きそうな外国人だった。というわけで、ブラストビートが叩けない人はこのそば屋に行くと良いだろう。

……じゃなかった。赤坂辺りで、カレーを食べたくなったら、ぜひ一度『蓼科』のカレーを食べてみてくれ。ひょっとしたら、高いレストランや専門店よりウマイかも!

・今回紹介した店舗の情報

店名 蓼科
住所 東京都港区赤坂3-1-16
営業時間 月~土6:30~21:00
定休日 日・祝日

Report:立ちそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.

こちらもどうぞ → シリーズ「立ちそば放浪記

▼ウンマーーーーーー!


▼ちなみにブラストビートはこういうの