ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ち食いそば放浪記」。それぞれのそば屋に色んなセットがあるけれど、一番多いのはカレーセットだ。実際、そばとカレーの相性は抜群で、私(中澤)も頼むことが非常に多い。

これまで色んなそば屋のカレーセットを食べてきた私。その中でも最強クラスのものに出会ったためご紹介したい。スパイシーなルーと甘めのつゆがハーモニーを奏でてるゥゥゥウウウ

・セットカレーのサイズ感

降り立ったのは東京メトロ日比谷線小伝馬町駅。このカレーセットを提供しているのは中央区日本橋にある『おか田』だ。同じく日本橋の『よもだそば』はじめ、ガチでカレーがウマイそば屋は何軒かあるが、セットという意味ではここがNo.1かもしれない

まず、良いのはサイズ感。セットになると「お茶碗?」というような小さいカレーを出す店もある中、この店はミニカレーでも他店の普通サイズくらいボリュームがある。迷わずセットを注文する腹ペコ男子はこの時点でちょっと嬉しくなることだろう。

・まずはそばを食べてみよう

そんなカレーライスセットの値段は温かいそばで600円(税込)。私はそこにかき揚げ天をトッピングしたので720円だったが、かけそば一杯が300円の店のためコスパも決して悪くない。ちなみに、単品のカレーライスは450円だ。さっそく、そばを食べてみたところ……

甘めのつゆはコク深く、ツルッと細い麺がのど越し爽やか。天ぷらは揚げ置きだが、次々と来る客ですぐにさばけているのかサクサクである。そんなかき揚げ天を噛めばジュワッと染み出すつゆにさらにそばが進む。

・永遠のカレーセット

そのどこか優しい味は十分に名店。これだけでも、店内を埋め尽くす客入りの理由が分かる。次にカレーを食べてみると……

懐かしさすら感じるトロっとしたルー。これぞそば屋のカレー……と思いきや、その中から時おりピリッとスパイシーさが顔を出す。肉が多いとか本格派とか、そういう派手さはないのだが、なんだろう? この胸の奥に届くような味は

トロみに優しい気分になった後にピリッ! 優しい……ピリッ! 優しい……ピリッ! やめられない止まらない!! 一気に食べてしまうのがもったいないほどにウマイ。そこで、もう一度そばに戻ったところさらに驚いた。

ウマッ! カレーに慣れた舌に甘めのそばつゆが沁み込むようだ!! 返す刀で、カレーを食べるとカレーもウマくなっている! そば、カレー、そば、カレー、甘い辛い甘い辛い!! そばの甘さとカレーの辛さに食べるのが止まらねェェェエエエ!! これぞ、そば界のウロボロス

始まりも終わりも無い完全なものとしての象徴・ウロボロス。2匹の蛇がお互いの尾を飲み込む図は、古代文明において永遠などを意味するとされる。カレーとそばとの間に永遠は見えるのかな。

・今回紹介した店舗の情報

店名 おか田
住所 東京都中央区日本橋本町4-15-10
営業時間 月~金7:00〜15:00
定休日 日・祝・土

Report:立ち食いそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.

こちらもどうぞ → シリーズ「立ちそば放浪記

カレーがウマイそば屋をまとめた記事もあるぞ! 120店以上を回った男がオススメする「ガチでカレーがウマイ立ち食いそば屋」がここだ!!