ひと口食べるとふわっと広がる出汁の風味……そば屋のカレーには独特の魅力がある。インドとも欧風とも違う日本独自のカレーライス

あるそば屋で、そんな懐かしさをビンビン発しているカレーに出会ったためお伝えしたい。店の名は『そばよし』、東京・日本橋で鰹節問屋が経営する立ち食いそば屋だ

・懐かしさ爆発

出汁の味が絶品であるこの店。かつお節がつゆに存分に生かされていることは以前の記事でお伝えした通り。そして、そんなかつお節はカレーライスにも生きている。

税込400円のカレーライスを注文すると、登場したのは銀のお皿に盛られた黄色いルー。懐かしさ爆発のビジュアルである。

・そば屋のカレーの真髄

スプーンですくうとトロッと絡みつくようなカレー。このトロみこそ、日本人の心のふるさと……と言うと過言だが、私(中澤)はホッとするような気分になった。さっそく食べてみたところ……

口の中に広がるコク深い出汁の風味。そして、落ち着いた辛みが優しく舌を包んでいく。これぞ「そば屋のカレー」……しみじみとウマイ

そんなルーが白ご飯と絡むと2倍3倍とウマみが爆発する。食べれば食べるほどにスプーンが止まらない! ハフハフ!! ウンマ~

・タモリさんも来店

かつて、タモリさんもNHK『ブラタモリ』のロケで訪れたというこの店。そばがウマイことはもちろん、出汁が利いたカレーライスも逸品だった。

サイドメニューとして、ライスにかつお節をかけた「おかかご飯」も有名な店ではあるが、個人的にはしみじみウマイカレーライスもオススメだ。

・今回紹介した店舗の情報

店名 そばよし
住所 東京都中央区日本橋本町1-1-7
営業時間 7:30~20:00
定休日 土・日・祭日

Report:立ち食いそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.

こちらもどうぞ → シリーズ「立ち食いそば放浪記