現代社会はストレスとの戦いである。かつてマサイ族に「幸せとは何か」と哲学的なことを聞いてみたところ、彼は「ノーストレスの状態だ」と答えていた。たまったストレスは少しでも減らさねばならない。幸せになるために。

ということで今回紹介するのはダイソーのうんちこと、正式名称『うんちぷにゅぷにゅボール』である。パッケージには「ゆかになげてストレス解消?!」と書いてある。自信なさげな「?!」が気になるが……とりあえず試してみた。

まず特筆すべきは、パッケージのうんち部分がベコベコに潰れて、うんちがデカい梅干しみたいになっていること。「潰さないでね」の注意書きむなしく、他の商品のパッケージもベッコベコに潰れており、状態が一番マシなのがコレであった。おそらく皆にモミモミと揉まれまくったのであろう。

それはさておき、さっそくパッケージから取り出してみると、そこには見事なマキグソが。わざとらしいマキグソではなく、実にリアルなマキグソであり、運が良ければ自分でもヒリ出せそうな2段式。クオリティ高いぞ、ウン。

また、握った感触も実に良い。「じゅん……」というか「ベタっ……」っと湿っているうえ粘着性も高いので、ニギニギすると手にまとわりついてくるが、ヒンヤリと冷たいので「これは本物のうんちではない=安心」という感覚に。

また、ギュギュ〜ッと強く握ると、プク〜ッと膨れるのもまた気持ち良い。いくら膨らましても、やぶけない。もしもこの世に「キャラメルもち」が存在するのであれば、おそらくこんな感じなのだろう。とても美味しそうだ。

ともあれ、そんなうんちを「ゆかになげてストレス解消?!」できるのかどうかで、この商品の真価は変わってくる。さっそく、思い切り床に投げつけてみたところ……

バチーンッ!!

お……

おおおおおおおおおっ!!


すごいこれ……

まるで生きているみたい……!!

床に投げつけられても……

必ずムクムクと復活する……


その根性に……


感動!!

──と、ストレス解消よりも、その不屈の精神に「感動」してしまった私なのであった。「何度でも立ち上がれ」と。「あきらめるな」と。そんな声が、うんちから聞こえてきたのだ。このうんち、すごい。このうんち、尊敬である。


・コツ

最後に、これから『うんちぷにゅぷにゅボール』を使う人のために、ちょっとした投げ方のコツを伝授したい。何十回も投げてみた結果、私はある法則に気がついた。それは……

上下逆に握ってから投げつけると、まるで富士山かピラミッドのような、正しいマキグソの向きで着地する可能性が高い」ということ。

もちろん投手の身長や投げ方、うんちの回転数などでも着地の状態は変わってくると思うが、自分にあった投糞法を探ってみるのも楽しいぞ。キレイにキマると本当に幸せな気持ちになるから、ぜひともみんなもやってみて!

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

▼これまでの100均検証リンク集はこちら