2018年5月、国際カードブランド「UnionPay」のグローバル展開を手掛ける銀聯国際(UnionPay International)は、20代から40代の男女600名を対象に実施した『海外旅行に関する調査結果』を発表した。グローバール化が叫ばれて久しいこのご時世、みんなさぞかし海外旅行がお好きでしょう……と思いきや。

調査によると日本人の約5割が「自分の意志で海外旅行に行ったことがない」というではないか。特に20代の男性はあまり海外旅行に興味が無いようで、6割以上の人が「自分の意志で海外旅行に行ったことがない」と答えている。ええぇ……超もったいない。

・海外旅行に行かない理由

20代から40代の男女に「親に連れて行ってもらった旅行」や「修学旅行」などではなく、「自分の意思で海外旅行に行ったことがあるか?」を聞いたところ、46.7%、つまり約5割が「ない」と回答したという。

その理由としては「お金がかかるから(69.2%)」が最も多く、次いで「まとまった時間が取れないから(38.8%)」「治安・衛生面に不安があるから(30.4%)」 と続いている。

・それでも海外旅行に行くべき

別に海外旅行に行かなくても生きていけるし、どこに行くかはその人の自由……自由ではあるが、個人的には「なるべく海外に行った方がイイ」と考えているし、記者自身は「隙あらば海外行く!」と常日頃から海外旅行を狙っている。

グルメや観光、ショッピングを除きとにかく海外に行くべき理由は、日本にいてはわからない「別視点が持てること」だ。また、その国の良さもわかるし、何より「日本の良さ」も再確認できる。そういった意味で、海外にはできるだけ足を運んだ方がいいだろう。

話を戻すと「初めての海外旅行の行き先」は、1位がアメリカ、2位が韓国、3位がオーストラリア、4位が中国内陸、5位が台湾エリアとなっている。ハワイやグアムなどを含むアメリカが一番人気ではあるが、近場でリーズナブルなアジア圏も安定の人気を誇っているようだ。

話を聞いてみると30代の男性でも「海外に行ったことがない」という人は意外といるから、もしそんな人がいたらぜひ海外旅行に誘ってあげよう。海外に行ったことが無い人は純粋に “もったいない” と思うのだ。

参考リンク:UnionPay International 調べ
執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼海外旅行はいいぞ~。

▼ほんと海外旅行はいいぞ~。

▼どこか海外旅行行きたい!

象、意外とおっかねぇぇぇええええ!

A post shared by P.K.サンジュン (@p.k.sanjun) on