突然だが、皆さんは飲食店などでメニューをパッと決められるだろうか。私(中澤)は迷ってしまいがち。アレも食べたいこれもおいしそう。結果、メニュー表を見ながらギリギリで決めることも少なくない

今朝もそうだった。特に注文を決めずにフラッと入ったのは新宿の立ち食いそば屋『とらそば』。かけそばも安いけど、かき揚げ天もデカそうだ。

こういう時は、メニュー表の写真を見て決めよう。ふむふむ。きつねそば、ざるそば、サーロインステーキか。どれもウマそうだ……って、サーロインステーキ!?

・立ち食いそば屋にサーロインステーキ

思わず2度見してしまった私。しかし、何度見ようともメニューには堂々と「サーロインステーキ」の文字が。メニュー写真にも網目状に焼き色のついた肉と鉄板が載っている。まごうことなきサーロインステーキだ

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。立ち食いそば屋でステーキに出会ったのは初めてである。一体どんなものが出てくるのか? 気になったので注文してみた。価格は税込1680円。

・無茶しやがって

「少し時間がかかりますよ」と店員さん。やはり、そば屋がステーキを出すのは無茶なんじゃないだろうか。使う器具も多分全然違うし。だが、出てきたステーキを見て驚いた。

肉がかなり厚めなのである。ステーキハウスみたいなサーロイン出てきた! しかも、岩塩と黒コショウとステーキソースまでついている。ガチやん。ガチでステーキ食べさせる気やん。さっそくナイフを入れると重めの感触。焼き加減はミディアムくらいのようだ。食べてみたところ……

ガシガシとした肉塊っぽい食感。思ってたより全然ウマイ! 肉汁は少な目だがボリューミーだ!!

そんなガシガシした肉の風味は、岩塩や黒コショウとの相性も良い。思わずペロリと食べてしまった。

・衝撃の価格設定

なお、300gのこのステーキ。繰り返すが、価格は1680円である。参考までに言うと、ステーキハウスレストラン『フォルクス』のサーロインステーキは150gで税抜1980円。フォルクスでさえ安いのに、さらにその半額以下なのである。衝撃の価格設定だ。もはや商売する気ないだろ!

誰が思う? そば屋のサーロインステーキがここまで高コスパなんて。そば屋のカレーがウマイのは知っていたが、そば屋のステーキもなかなか侮れない。歌舞伎町で体力をつけたい時は要チェック。

・今回紹介した店舗の情報

店名 とらそば
住所 東京都新宿区歌舞伎町1-17-13
営業時間 6:00~23:00
定休日 無休

Report:立ちそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.

こちらもどうぞ → シリーズ「立ちそば放浪記

▼ガシガシした肉感がボリューミー!

▼岩塩・黒コショウ・ステーキソースがついてくるのも嬉しい