ファストフード店のドリンクは、大抵「S・M・L」サイズがあり、客が自分が飲みたい量を選べるようになっている。当然ながら最も量が少ないのはSであり、最も多いのはLである。だがしかし!

あるネットユーザーが、「米ファストフード店のドリンクサイズは全て一緒」だと証明する動画を投稿して、議論の的になっているという。読者の皆様は動画を見て、どうお思いになるだろうか!?

・ファストフード店のドリンクサイズは全て一緒!?

「米ファストフード店のドリンクサイズは全て一緒」だと投稿したのは、米テキサス州ヒューストンに住むTwitterユーザー「franco_713‏」さんだ。

動画に登場するのは、米ファストフードチェーン店「Jack’s:ジャックス」のS・M・Lサイズのカップ。まずは、SカップになみなみとつがれているドリンクをMサイズのカップに注ぐと、途中で少しこぼしてしまったものの、丁度よい量が入っているように見える。

・SサイズのドリンクがLサイズのカップにピッタリ!

そしてお次は、かなりSサイズよりも大きく見えるLサイズのカップにドリンクを注ぐと、これまたイイ具合の量が入っているように見えるではないか! この動画では、「少し多めの料金を払ってM&Lサイズのドリンクを買っても、量はSサイズと一緒ですよ」と言いたいようである。

Lサイズのカップは、段に別れた底の部分が細身になっていて、底から飲み口までの形も円錐形っぽく見える。そのせいで、「SサイズのドリンクをLサイズに入れても少なく見えないのかな……」なんて思ったのだが、ネットユーザーの中には異なる意見を持つ人も。

・すでにMとLサイズにドリンクが入ってるのでは……?

彼らいわく、「すでにMとLサイズのカップに、見えないようにドリンクが入っているんじゃないのか!?」というのである。「そうじゃないと証明するために、LサイズのドリンクをMとSサイズに移し変えてみろ!」と、挑戦を叩きつけるようなコメントまで書き込まれていた。

動画を一見したところ、ジャックスの従業員が撮影して投稿したのではないかと思われる。まるで、店が客を騙しているかのようにも見えるため、問題にならなかったのかどうか気になるところだ。真相はいかに……!?

参照元:Twitter @franco_713Mashable(英語)
執筆:Nekolas

▼米ファストフード店のドリンクサイズは全て一緒!?