もう世間に飽きられたような気がする「タピオカドリンク」。街のあちこちで見かけたタピオカ屋の行列も、すっかり見なくなってしまった。タピオカドリンクはこのまま、人々から忘れ去られてしまうのか──

と思いきや、記憶にガツンと残るタピオカドリンク……いや、もはやドリンクと言って良いのか分からないブツを発見してしまった。さっそくご紹介したい!

・固形物オンリー

東京・学芸大学駅から徒歩3分ほど、商店街の中にあるタピオカドリンク屋『BOBA TOKYO(ボバトーキョー)』。

メニューを見ると、抹茶や鉄観音茶のミルクティーをはじめ、マンゴーやパッションフルーツ、杏仁豆腐やプリンなど様々な種類のタピオカドリンクがあるようだ。

一番人気だという「杏仁豆腐ボバ Lサイズ(税込800円)」を注文しようとすると、お店の方から待ったをかけられた。


「Lサイズで大丈夫ですか? それ、液体ゼロで固形物オンリーなんですけど」


なんと、巷でよくある「杏仁豆腐味」のドリンクかと思いきや、ガチの杏仁豆腐とタピオカだけで構成されているという。果たしてそれはドリンクなのだろうか……しかしそんなの聞いたらもう、頼むしかない!

注文してすぐにやってきた「杏仁豆腐ボバ Lサイズ」は、一見すると普通のタピオカドリンクだ。お隣の「抹茶ボバミルクティー Lサイズ(税込700円)」と比較しても特に違和感はない。

しかしよく見ると……めっちゃ固形だ〜! タピオカと杏仁豆腐が混ざり合わず、タピオカの上に杏仁豆腐が乗っている状態。しかも、手に持つとずっしりとした重量感を感じる……!

肝心の飲み心地はというと、程よい甘さの杏仁豆腐がストローで無理なく吸い上げられる柔らかさで、もっちもちのタピオカとの食感の差が最高。なるほど、ドリンク感覚でいただける杏仁豆腐タピオカ、結構良い!

……と思っていたが、完食するころには少し苦しさを感じるほど満腹になった。店員さんがLサイズよりもMサイズを推していたのも納得だ。Lサイズ1杯だけで1食分以上のボリュームがあったかもしれない。

・杏仁豆腐タピオカの進化系

「飲む杏仁豆腐」なんて売り文句をつけた杏仁豆腐味のドリンクも多いが、正真正銘ガチの「飲む杏仁豆腐」・杏仁豆腐にタピオカを加えた「ドリンク風杏仁豆腐」ともいえるブツは、この『BOBA TOKYO』で初めて出会った。

杏仁豆腐とタピオカでお腹いっぱいになりたい人はぜひ、挑戦してみて欲しい。

・今回訪問した店舗の情報

店名 BOBA TOKYO(ボバトーキョー)
住所 東京都目黒区鷹番3-14-6
営業時間 12:00〜23:00

Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「タピオカ行脚」

▼内装もツボでした。