店頭に置かれているメニュー看板に何を載せるかで、そのお店の売上は大きく変わってくるだろう。路面店なら、なおさらだ。初めてお店を訪ねる人にとって、メニュー看板は店舗名よりも重要な要素になる場合が多い。

最近東京・西新宿を訪ねた時のこと。とてもウマそうな肉の写真が目に飛び込んできた。どうやらローストビーフをトッピングしたラーメン店のようなのだが、メニューをよく見てみると、プラス300円で「ローストビーフ乗せ放題」とあるじゃないか! これは入るしかないだろッ!!

・店の名前を後から確認

そのお店は「OKIGARU BAR」という。店の名前に気づいたのは、食事を終えて店を出た後だった。今まさに入店しようとしていた私(佐藤)にとって、名前なんてどうでも良かった。完全に「ローストビーフ乗せ放題」に気を取られていたのである。むしろ、ラーメンもそこまで重要ではなかった。

注文したのは、贅沢牛骨塩ラーメン(1100円)。もちろんプラス300円でローストビーフ食べ放題もお願いした。限界までトッピングしようと思っていたのだ。お店の人にその旨を伝えると、

「ラーメンをお出しする時に、ローストビーフをトッピングするので良いところでストップと言ってもらう方式ですけど、よろしいですか?」

という。

なるほど、おかわりし放題ではない。しばらく前に訪れた、ハムを乗せまくれるパスタの店『BIODYNAMIE』(ビオディナミ)と同じシステムのようだ。

・ストップと言わなかったら……

しばらくして、まずはラーメンが登場。すると、すぐさまスタッフがローストビーフを盛りにかかった。

「良いところでストップと言ってください」

申し訳ないが、私はストップと言う気がなかった。欲張って1盛り、2盛り、3盛り、4盛り……と繰り返すうちに、スタッフは「全部乗せちゃいますね」と言い、ローストビーフが全部盛ってしまった。

う~ん、なんという圧巻のルックス。ラーメンよりもローストビーフがメインのようになってしまった。

残したら追加料金を頂きます、ということだったので、意地でも完食しなければならない。推定250グラム。この量はなかなかだ。

・ローストビーフの山、攻略

ラーメンを完食するためには、麺も食べなければならない。しかし、その麺にたどり着くまでに、ローストビーフを食い続けなければならない。これは困ったぞ、なんと幸せな悩みだろうか。

1枚1枚噛みしめながら、ローストビーフの山を攻略していく。食い進めるうちにようやく麺にたどり着いたのだが、その頃にはそこそこお腹も満たされてしまっていた。

麺は中太麺で、スープはあっさりとした塩味。後半にかけての麺のパンチはなかなかのものだ。とはいえ、残す訳にはいかない! おっさんの意地をかけて何とか完食。十分に肉を堪能して大満足だった。注文する際には、欲張らずに自分の食べられる量を見込んで「ストップ」と言おう

・今回訪問した店舗の情報

店名 肉とワイン OKIGARU BAR
住所 東京都新宿区西新宿7-1-4
営業時間 11:00~15:00、17:00~23:30
定休日 不定休

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ローストビーフもりもりのラーメン。久々にラーメン食ったな

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on