旅行に行ったとき、素敵なお店に行ったとき、その思い出を写真に残したくなるもの! もちろん自分入りで!! そんなときに自撮りをする人も多いと思うが、これがナカナカ難しい。手ブレしちゃったり、見切れちゃったり、おブスに見える角度になったり……

だがしかし! ダイソーのあるグッズを使えば、とっても自然な自撮りができるという話を聞いたのだ。それは「Bluetooth リモコンシャッター」! Bluetooth ってことは無線で使えるリモコンシャッター!? それがダイソーで買えるの? マジか……さっそく買いにいってみた!

・ダイソーの「Bluetooth リモコンシャッター」


「Bluetooth リモコンシャッター」は、ダイソーの300円商品だ。iOS と Android、両方に対応している。使い方はとても簡単だ。まずリモコンのスイッチを入れる。そしてiOSの場合、設定 > Bluetooth から「AB Shutter」を探し、ペアリングすればOK。

あとは、リモコンがONになっている状態で、カメラを起動させればいつでも使える。

・10m以上離れた場所でも使えた! 連写もOK!!

これがあれば、自撮り棒での手ブレの心配もないし、タイマー撮影のような慌ただしさもない。離れたところから、自分の好きなタイミングで撮影可能だ。

それだけでも嬉しいが、さらにスゴイのが通信距離、つまり使用可能な距離である。箱には「10m」と書いてあるが、実際に使ったところ……12mまでカシャカシャとスムーズに撮影できたぞ!

そしてボタンを押しっぱなしにすれば、連写もできる。スマホを三脚にセットして連写すると……「ジャーンプ!」みたいな誰かに撮ってもらったような素敵写真が自分一人でも撮れちゃった!

・美肌カメラアプリもOKですぞぉぉぉぉ!

さらにさらに! これは女子に朗報だ。美肌カメラアプリでも使えますぞぉぉぉぉ! ビューティプラス、Snow で試したが、どれもちゃんとシャッターが切れていた。素晴らしい。

これは、Bluetooth リモコンシャッターの作りが関係している。iOS の場合、リモコンのボタンは本体横の音量ボタンと連動しているのだ。カメラ系のアプリを起動させれば、音量ボタンがシャッターになるのはご存知のとおり。

つまり、元のカメラアプリが音量ボタンで撮影できるものでありさえすれば、このリモコンはどのアプリにも対応しているということなのだ。すばらC~! 単純な作りが、逆に汎用性が広さとなって好(ハオ)。非常に好(ハオ)である。

・ダイソーで買えるという安心、そしてコスパ最強

めちゃくちゃ使い勝手が良く、もう手放せなくなってしまった。三脚と組み合わせれば最強、もう一人でも怖くないぞ!

似たような商品は、Amazon などでも販売されているが、信頼できるメーカーのものは1000円くらいする。激安なものは「3個目でやっと動作するものに出会った」など不良品もあるようだ。

それがダイソーなら300円。それも、ダイソーという安心感コミでの300円だ。これはコスパ最強と言わざるをえない! ダイソーのBluetooth リモコンシャッターは、想像以上の優れものだった。品薄になっているようなので、見つけたら即ゲットすることをオススメするぞ!

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

▼ダイソーの「Bluetooth リモコンシャッター」!!

▼こういう写真、いかにも自撮り棒使いましたってカンジでちと恥ずかしい

▼でもリモコンがあれば、自然な写真が撮れちゃう!

▼10mもあれば十分! 試してみたところ12mまではサクサク撮影することができた

▼この写真は……

めがね👓! Bluetoothのシャッターの実験してました🔬

A post shared by 沢井メグ(Meg Sawai) (@megmi381) on

▼こうやって撮ってました!

▼連写もOK! ピョーン!

ぴょーん❗️

A post shared by 沢井メグ(Meg Sawai) (@megmi381) on

▼1人だけど、誰かと一緒にいたっぽい写真でしょ? ダイソーのリモコンシャッター最高!!

台風前の晴天☀️ お外スタバしてきました^ ^ 新作のほうじ茶フラペ、秋らしい味でうまー✨

A post shared by 沢井メグ(Meg Sawai) (@megmi381) on


▼実際は1人だけど……シャッターと三脚があればもう怖くない!(笑)

▼電池カバーが小さなネジでとめられているので、精密ドライバーも準備しておくことをオススメするぞ