soba
急に冷え込んだ気温に冬の足音を感じる。気がつけば2015年もあと2カ月を切ってしまった。どうしても12月に向かって気が急いてしまうが、足早に歩いたところで結果が伴うとは限らないのが人生である。ゆっくりいけるうちはゆっくり行こう。あったかいそばでも食いながらね。

ウマいそば屋を求めていろんな街を放浪する「立ちそば放浪記」。今回訪れたのは池袋。人と人との繋がりが希薄な都会でも、温かい人の絆は存在する。西口は東京芸術劇場前にひっそり佇む立ちそば屋『大黒そば』は、そんな絆を感じる場所だ。

・飾り気のない外観

西口を出て東京芸術劇場の右側を舐めるように歩き、大きい交差点を劇場に沿って曲がる。しかし店舗は見つからない。地図を見ながら頭をひねる。「確かにここらへんのはず……」と3回通り過ぎてやっと気づいた。それほど飾り気のない質素な外観。外のメニューはベニヤのような壁に打ち付けられている。
oogurosoba

・昔ながらのそば屋

扉を開けると、常連と思われる客と主人が友達のように談笑していた。普段、そういう内輪ノリはあまり好きではない私(中澤)だが、なぜかここは嫌な感じがしない。主人の外見がモロ頑固おやじなため、むしろそういった打ち解けた笑顔を見せていることに安心した。

さっそく、「春菊天そば」を注文する。女将がダミ声で注文を繰り返した。そういうところに昔ながらのそば屋という感じが漂っている。なんかここ……素敵やん

・工芸品のようなそば

出てきたのは、濃い色の “ザ・関東のそば” だ。衣が極めて少ない春菊天の鮮やかな緑がつゆの色に映える。1つの工芸品のようなそばだ。これは言わねばなるまい「いただきます」と。
soba3

・絆は時にそばより温かい

ほろほろにほどける春菊天は、醤油の強いつゆとの相性が抜群。食べてる途中に「他の天ぷらも凄いんだろうな」と気になってしまうほど。天ぷらを揚げる技術自体が高い感じだ。そして、そばの爽やかさが箸を後押しする。ウマい!
soba2
私が食べてる最中に来店した客も、常連のようで主人と女将と友達のように談笑する。1日の報告をしに来ているようだ。商売感がないのが良いのかもしれない。人と人との絆。それは時にそばより温かい

・今回訪問した店舗の情報

店名 大黒そば
住所 東京都豊島区西池袋3-26-6
営業時間 平日6:30~16:00、土曜6:30~18:00
定休日 日、祝

Report:立ちそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.

こちらもどうぞ → シリーズ「立ちそば放浪記

▼春菊天はつゆに浸るとほろほろにほどける
soba4
▼甘さを抑え醤油の強いつゆとベストマッチ
soba2
▼工芸品のようだ
soba
▼他の天ぷらも気になるぞ!
menu