1992年から2000年まで10シーズンにわたって放送され、世界中でビバヒル旋風を巻き起こした海外人気ドラマ『ビバリーヒルズ高校 / 青春白書』(以下『ビバヒル』)。

本作で、ちょっと頭のネジがゆるいけど、優しくお茶目なドナ役を演じたトリ・スペリングが嘘発見器にかけられ、撮影当時に共演者数人と恋愛関係にあったと赤裸々に語り、大きな話題を呼んでいるのだ!! 一体彼女は、どのキャストとイイ仲になっていたのだろうか!?

・嘘発見器にかけられちゃったドナちゃん!


トリは、セレブを嘘発見器にかけて真実を暴くアメリカの番組『Celebrity Lie Detector』に出演。ホストが、かなりキワドイ質問を投げかけることで知られる番組だけに、トリは、「ビバヒル共演者の誰かと体の関係を持ちましたか!?」といった質問や、大富豪だった父親がほとんど遺産を残してくれなかった事実について答える立場に陥った。

・劇中で恋人を演じたデビッド役の俳優とは実生活でも交際!!

かなり突っ込んだ質問のなかでも、一番気になるのは共演者との恋愛関係だが、嘘発見器にかけられているだけに嘘はつけない! 

従って、トリの答えは真実だと思われるが、劇中で恋人役を演じたデビッド役のブライアン・オースティン・グリーンと交際していた事実を告白!! 一番最初に恋仲になったキャストはブライアンで、別れたりヨリを戻したりを繰り返す恋人同士だったと明かしている。

・ブランドン役の俳優とはひと夏の恋をエンジョイ!

さらにトリは、ブランドン役のジェイソン・プリーストリーとは、軽い関係を楽しんだとも暴露した。「私達のひと夏だけの関係は、まるで『ビバヒル』を地で行くような感じだったわ。その関係が終わった後は良い友達同士だったけど、彼とひと夏の恋をしたのは事実よ」と語っている。

ブライアンとは、シリーズ中でカップルだっただけにイメージできなくもないが、ブランドンとドナが付き合っているところはイマイチ想像できない感じだ。

・大富豪の父が残してくれた遺産はたった80万ドル!

そして、『ビバヒル』のクリエイターで大物プロデューサーだったトリの父親アーロン・スぺリングの遺産は、推定2500万ドル(約300億円)だと言われていた。だが、浪費家で、浮気のすえ駆け落ち同然の結婚をしたトリに父が激怒し、80万ドル(約9600万円)しか遺産を残さなかったと、当時のメディアが報じていたのだ。

その件に関しては、「父親が、80万ドルしか遺産を残してくれなかったことは事実だ」と答え、嘘発見器も答えが間違いないことを確認している。

仲間内で相手を取っかえ引っかえすることを、‟ビバヒル状態” なんて当時は言っていたものだ。まさか『ビバヒル』のキャストが、撮影当時に実生活でもそんな状態に陥っていたとは驚きである。

参照元:Instagram @torispelling、E!Online[1] [2](英語)
執筆:Nekolas