週刊新潮が報じた今井絵里子議員と神戸市議会議員・橋本健氏の不倫疑惑。国会議員の不倫というだけでなく、今井議員は元SPEEDということも相まって、ネット上では厳しい声も多く見られる。

この騒動に、お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔さんがTwitterで苦言を呈しているためお伝えしたい。

・村本さんが苦言

過激な意見をSNS上によく投稿することでも知られている村本さん。その刃物のように鋭くも、思わず考えさせられてしまう言葉の数々にファンは多い。

そして実は、村本さんはキングコングの西野さんや南海キャンディーズの山里さんと同期である。長い下積みを重ねた村本さんの言葉に独特の説得力を感じるのは私だけではないはず。

そんな村本さんが、今井絵里子議員の不倫を騒ぐ世間に下記のような声を投げかけていた。

・世間の反応について

「蓮舫や稲田が辞任する中、まだペーペーの今井絵理子の不倫疑惑についてギャーギャー言ってる、事の重みの優先順位も知らないお前らバカが選んだ代表の政治家もお前らと同じでバカに決まってるでしょ」

「今井絵理子みたいなまだペーペーの議員の不倫疑惑で怒って時間使うぐらいならもうすぐ約1年になる相模原の津久井やまゆり園の殺人事件について興味を持て。元SPEEDだからでしょ。ほんと簡単なものにしか反応できないバカばかり。もっと考えるべきニュースはいっぱいある」

──相変わらずの切れ味である。このツイートには「優先順位だけで物事言うなら、あなたもいらないでしょ」「張本人のマスコミは批判しないのかだせぇ」などの批判も出つつも「正論」「その通りです」などの声もあがっている。

また、2人の関係についても以下のように独自の見解を展開。

・不倫疑惑について

「今井絵理子さんの件で『お泊まりしたと言うことは絶対一線超えてるだろ』って言ってるやついるけど、女ってのはね、好きだからこそ『適当な関係のままそういう関係にはなりたくない、でも一緒にはいたい』って子がいる。家に泊まる=やる、は、俺たちモテない男の考え。女はセックスより一緒にいたい」

「男はね、相手のことを大切だと思えば思うほど『離婚するまでは絶対手は出さない』ってマニュフェストは守れる。おれみたいな性に汚い人間も過去好きだった子には、嫌われたくないから我慢できた。男性の議員さん、果てしないあの雲の彼方へ今井さんを連れて言ってあげてください」

──週刊誌の報じた疑惑について根本を問う。確かに、村本さんの言うような男女の付き合い方もあると思うので、真相は本人たちにしかわからないのだ。

この一連のツイートについて、人によって様々な意見があると思うが、一度自分なりに考えてみることが大切なのかもしれない。なお、当人たちは不倫関係は否定している。

参照元:Twitter @WRHMURAMOTO、今井絵里子公式ブログ「『週刊新潮』掲載記事について
執筆:中澤星児

▼過激だが考えさせられる