テレビ番組で「2型糖尿病」と診断されたお笑い芸人のクロちゃんは自らの身体を省みることなく、また医師たちの忠告を無視して、食生活の報告を偽り続けた。結局教育入院することになり、現在は生活習慣の改善に努めているようだ。クロちゃんのTwitterを見ると、努力している節が見える。

本人よりも彼の身体を案じていた森田豊医師は、結果的にクロちゃんを更生することに成功したと言えるのかもしれない。そんな森田医師が、新たな標的を見つけたようだ。その人物とは……ウーマンラッシュアワーの村本大輔さん……。

・熊切さんを褒めるだけでなく

ことの発端は、森田医師が熊切あさ美さんの投稿に絡んだところから始まる。熊切さんは、その動画をInstagramに投稿。動画は、バランスボールの上で屈伸をするという驚きの映像だった。これに森田医師も衝撃を受けたようで、次のように投稿している。

・森田医師の投稿

「凄いです!! どんなことにも負けずめげずに、気持ちを落ち着けることのできる心の安定感が、体の重心バランスの維持を可能にしていると診断します 村本さんにも、この落ち着きを、学んでもらいたいです。 @WRHMURAMOTO」(森田医師Twitterより)


わざわざ村本さんのアカウントをつづって投稿しているのである。どこにも村本さんが関わる余地のないやり取りのはずなのだが、どうして彼を引き合いに出したのか。

・ヤブ医者と言われるも、森田医師ひるまず

この内容に気づいた村本さんは、森田医師をヤブ医者扱いして反論。手厳しく突っぱねられて、森田医師は引き下がるのかと思ったら、クロちゃんに接した時と同じように、献身的な姿勢をアピールしたのだ。堪らず村本さんはこう返している。

「おれをクロちゃんみたいに扱うんじゃない!」(村本大輔Twitterより)


クロちゃんは更生して健康に目覚めてしまった(?)ようなので、森田医師は村本さんに目をつけたということなのだろうか? 不健康な人物を改心させるために、地獄の底まで追いかけるような意気込みを感じる……。

参照元:Twitter @Doctor_Morita@asamidokin@WRHMURAMOTO
執筆:佐藤英典

▼バランスボールの上で屈伸をする熊切あさ美さん。驚異的な体幹である