kokkai3

2015年7月15日の衆院特別委員会で、与党の賛成多数により「安全保障関連法案」が強行採決された。採決の間際に、野党議員はプラカードを手に浜田靖一委員長に抗議。そのときの様子がネット上で話題となり、さまざまなコラージュ画像が投稿されるいわゆる「クソコラ祭り」へと発展したのである。

・プラカードを片づけず

実はこのあと、野党議員はプラカードを片づけずに退場していたようだ。そのことを指摘された長島昭久議員は次のように釈明。その釈明内容に野球ファンが激怒しているという。一体なんと釈明したのだろうか?

・プラカード放置について長島議員の釈明

「申し訳ございませんでした。野球観戦のご家族以下のマナーでした。反省しております。」(長島昭久議員Twitterより引用)

・ネットの反応

「野球観戦してる家族を馬鹿にしてますよね?」
「野球観戦者を完全に馬鹿にしてますね」
「最近の野球ファンは、ゴミを持ち帰ります」
「おいおい野球観戦馬鹿にしとんのか?」
「野球観戦家族のなにが問題なのか?」
「野球観戦バカにすんなよ」
「野球観戦する家族に謝れ」

これらの指摘を受けて、長島議員は再び謝罪する事態となった。さすがに野球ファンに失礼な発言ではないだろうか。片づけをしなかったことを釈明するために、なぜ野球観戦を引き合いに出す必要があったのだろうか? 疑問を抱かずにはいられない。

参照元:Twitter @nagashima21
執筆:佐藤英典

▼プラカード放置について釈明

▼この発言の後に再び謝罪