ファッションモデルは、プロポーションを維持するために食事制限をしたり、好きな物が食べられなかったり何かと大変である。

そんななか、元マシュマロ体型で痩せるために拒食症になってしまったという水着モデルがムエタイ選手に転身し、その変貌ぶりが超クールだとネットで話題になっている。引き締まった体でリングに立つ彼女の姿が、マジでカッチョいいのだ!

・セクシーな水着モデルがムエタイ選手に転身!

英ニュースサイト『indy100』によると、水着モデルからムエタイ選手へと華麗なる転身を遂げたのは、アメリカ人のミア・カンさんだ。彼女は、アメリカで最も有名なスポーツ週刊誌『Sports Illustrated』の紙面を飾ってきた元人気水着モデルである。

しかし、彼女の過去は決して夢や希望にあふれたものではなく、学生時代は太目の体型を理由に同級生からイジめられ、辛い日々を送っていたのだという。そこで、ダイエットを始めた彼女は減量には成功したものの、拒食症になってしまったのだ。

・ムエタイを始めて顔つきまで変化したよう!

Motivation Monday. Go get it. 👊

A post shared by Mia Kang (@missmiakang) on

美貌とスリムなプロポーションを武器にモデルデビューしたミアさんだが、もっと自分と自身の体に満足感を感じたいと思い、ムエタイのトレーニングを始めたのだとか。彼女は自身のInstagramに動画を投稿し、そんな過去について目を潤せながら語っている。

Instagramには、トレーニングの様子を捉えた動画や画像が多数アップされているのだが、しっかり筋肉がついた腕や脚、引き締まった腹筋など、水着モデル時代と比べると明らかに体型が違う。トレーニングに励む彼女の視線や顔つきまで変化したようで、ミアさんはムエタイを始めたことで一段と強い女性へと変貌を遂げたようだ。

See you soon #Thailand. I'm coming for you ✈️👊💥

A post shared by Mia Kang (@missmiakang) on

・ムエタイを通して自分の体を愛せるように

ミアさんはスポーツ選手として、ここまで筋肉の量を増やして肉体改造出来るとは思っていなかったのだそう。スポーツの世界で頭角を現すことが出来たことを誇りに思い、ムエタイを通して自分の体を愛して感謝することを学んだとも語っている。

プロポーション抜群な絶世の美女でもない限り、自分の容姿にはコンプレックスを持ちがちである。だが、「自分自身を大切して愛さない限り、他の人にも受け入れてもらえない」ということを、ミアさんが説いてくれているように思う。

参照元:Instagram @missmiakangindy100(英語)
執筆:Nekolas

▼拒食症だった過去を語るミアさんの動画はこちら

▼モデルとして活躍しつつ……

Photo by @marquisphoto for @si_swimsuit 🌊❤️☀️

A post shared by Mia Kang (@missmiakang) on

Where I wish I was 🐬

A post shared by Mia Kang (@missmiakang) on

▼ムエタイに励むパワフルな彼女。すごい!

My house.

A post shared by Mia Kang (@missmiakang) on

10 kicks with @firstt_yodyut 👊💥 @yodyutmuaythai

A post shared by Mia Kang (@missmiakang) on