もしもこの世に天国があるとすれば、それは好きなものを好きなだけ食べられる場所である。ローソンの人気ホットスナック「からあげクン」が食べ放題だったとしたならば、きっと多くの人にとってそこは天国であり得るだろう。

そんな天国イベントが、東京・渋谷で開催された! 実は4月15日は「からあげクン誕生日」に正式に認定されたのである。それを祝して2017年4月3日に『おめでとう! ありがとう! ローソンからあげクンお誕生日会!』が行われたのである。

・ロケットとからあげクンのコラボ

このイベントに先立って、当編集部はローソンと奇跡のコラボを果たし、ロケットニュース24プロデュースの「からあげクン デカ盛り味」の制作を進めていた。この味を会場の東京カルチャーカルチャー(運営:ニフティ株式会社)だけで提供することになっていたのだ。

なお、この日提供されたからあげクンは、デカ盛り味を含めて以下の14種。その総数はなんと3600個!!

・イベントで試食提供されたからあげクン

からあげクン レギュラー
からあげクン レッド
からあげクン 北海道チーズ
でからあげクン ピザ味(2017年4月4日発売)
からあげクン ハニーマスタード味
からあげクン 銚子本醤油味
でからあげクン ゆずポン酢
からあげクン ねぎ塩ダレ味(2017年4月発売 地域限定)
からあげクン 瀬戸田レモン塩ダレ味(2017年4月発売 地域限定)
からあげクン 海鮮塩ダレ味(2017年4月発売 地域限定)
からあげクン レッド辛さ2倍
からあげクン ガーリックマヨネーズ味
からあげクン 鶏とゴボウの炊き込みご飯
でからあげクン ロケットニュース デカ盛り味(会場限定)

これにさらに、ナチュラルローソンのグリーンスムージー「Off & Plus」、ヤッホーブルーイングの「僕ビール、君ビール」、「よなよなエール」などを試飲することができた。コレを宴と言わずして、何と呼ぶか? コレを祭りと言わずして何と呼ぶのか? からあげクンの誕生日を祝うのには、最高の環境だ!

・最高50個!

紙皿を手にした来場者は、からあげクンが提供されるカウンターに長蛇の列。そして、腹いっぱいからあげクンを食いまくったのである。もっとも多い人は50個近く食べたそうだ。そんなに食えるのか!?

イベントでは、司会でカルチャーカルチャーのプロデューサー・テリー植田さんと、からあげクン開発担当の橋本さんが、知られざるからあげクンの秘密話を披露。後半では、マニアでも答えることが難しい “からあげクンクイズ” を出題していた。

・からあげクン12体集結

そして、イベントでもっとも注目を集めたのは、からあげクンのマスコットキャラ「からあげクン」の登場である。それも1体や2体ではない! なんと12体ものからあげクンが登場し、ファンは興奮状態に!!

さらにさらに、ドコモのdポイントのイメージキャラクター、ポインコ兄弟まで登場して、来場者はスマホで撮影しまくっていた。12体のからあげクン + 2体のポインコ、これらが再び集結する機会は、今後ないかもしれない。

・4月15日は「からあげクン誕生日」

イベントのメインは、日本記念日協会による「からあげクン誕生日」の記念日登録証の授与だ。これで、晴れて正式に「4月15日はからあげクンの誕生日」ということになった。ちなみに、コンビニの記念日登録はローソンが初めてのことなのだとか。

これまでに約190種もの味を開発してきた、からあげクン。もはややり尽くしたのでは? と思いきや、味の創造が潰えることなさそうだ。さらにこれからも多くの味を作り出していくことだろう。今後どんな味が誕生していくのだろうか? 気になるところである。ロケットニュース24・プロデュースのデカ盛り味も全国で発売されることに期待したい。

取材協力:ローソン東京カルチャーカルチャー
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

▼私(佐藤)も登壇して、デカ盛り味の解説をしたぞ

祭りじゃーーッ‼︎ #からあげクン

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on