ロゴに使われている色は、その企業をあらわす重要な要素のひとつだ。たとえば、スターバックスであれば緑。ユニクロなら赤。マツモトキヨシなら黄色といった具合に、企業ロゴの色が与える印象は思いのほか強い。ロゴは同じでも色が違ったら、かなりの違和感を覚えるはず。

私(佐藤)は最近、兵庫県の阪神甲子園球場近くの吉野家を訪ねたのだが、ここの吉野家は何かが違う! 店舗外装が阪神タイガースすぎるのである。世界2000店舗目であるにもかかわらず、阪神すぎるじゃないか!

・黄色と黒の吉野家

お店は、西宮市の阪神電鉄甲子園駅を出てすぐにある商業施設「コロワ(Corowa)甲子園」の1階にある。この施設は2018年4月26日にオープンしたばかり。ここの吉野家もそのオープンに合わせて誕生している。

実際にお店に行ってみると……


吉野家?


阪神すぎるが、たしかに吉野家だ!!


・阪神メニューも

2000店舗目の記念すべき店のはずなのに、まさか吉野家カラーではないとは。しかも、外観だけでなくメニューも阪神すぎる。通常メニューに加えて、阪神にちなんだものまで提供しているのだ。

阪神の球団歌『六甲おろし』にちなんだおろし牛丼(並550円)と、オム豚丼(並550円)である。オム豚丼は、たまご焼きとソースを使って阪神カラーに仕立てているようだ。まさか、そこまで阪神に寄せてくるとは……。ぶっちゃけ吉野家のイメージカラーってジャイアンツぽいから、そのままだと客入りに影響するのかもな~。


・虎柄に牛マーク

という訳で、おろし牛丼はヨソでも食べられそうだから、オム豚丼を注文してみた。メニューにはテイクアウト限定と書いてあるが、店内でも食べることができるぞ。

パッケージからすでに阪神カラー。虎柄なのに、牛のマークが入っているところが面白い。フタを開けると、中には黄色と黒のツートーンカラー。

マヨネーズの白を加えるのがちょっと惜しい気もするけど、これは味的に加えておきたいところ。

・ローソンも阪神

たまご焼きの下には、ちゃんと豚丼があるのでご安心を。

薄焼きたまごのほのかな甘さと、豚肉の相性が良い。ソースの酸味も加わってペロリと平らげることができる。全国販売しても良さそうな味だ。

ちなみに、球場から徒歩約3分のところには、阪神すぎるローソンもあるぞ

ファンならぜひともチェックしてみて欲しい。

・今回訪問した店舗の情報

店名 吉野家 Corowa甲子園店
住所 兵庫県西宮市甲子園高潮町3-3
営業時間 10:00~22:00
定休日 なし(Corowa甲子園に準ずる)

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

View this post on Instagram

甲子園の吉野家が阪神すぎる

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on