行けばいつでも見られる有名建築物などとは違い、美しい自然現象を目にするには運とタイミングが物を言う。なかでもオーロラは、様々な条件が折り重ならないと見られない希少な自然現象である。

そんな、息を飲むほど幻想的なオーロラの下で婚約したカップルの写真が、この世のものとは思えないほどの美しさなので紹介したいと思う。

・風景写真家として活躍するオーストラリア人のカップル

豪ゴールドコーストに住むデイルさんとカイリーさんは、世界中を飛び回る風景写真家だ。特に2人はオーロラの撮影に情熱を傾けているとのことで、何度も北欧やアイスランド訪れているのだとか。そして、デイルさんは恋人のカイリーさんにプロポーズする時は、オーロラの下で結婚を申し込みたいと常に考えていたのだそう。

・決定的瞬間を待ってプロポーズ!!

Lofoten, Norway… ______________________________________ WE'RE ENGAGED! What a better way to propose than in the heart of the Arctic Circle under the Northern Lights. It's taken a few years to plan but I always had this moment in mind & it seemed fitting as we are both landscape photographers who share a passion for photographing the aurora. Originally I was going to propose in Iceland last year but unfortunately Karlie decided to discard my secretly stashed ring (yes, that actually happened 😂 lol, we were trying to cut weight on a connecting flight from the Faroe Islands). Fortunately though my plan worked & tonight the aurora was firing in one of the most incredible displays of colour we have ever seen. I tricked Karlie into believing we were shooting a selfie & used a torch to light us up for the image. Much to her shock, it wasn't any normal selfie, and much to my shock, she said yes! 😝 This is a single image that was taken during the proposal. And now we may not have any of our own images up hanging on our walls at home…we may however, make an exception for this one. 💍 Dale & Karlie

A post shared by Dale & Karlie | Gold Coast 🇦🇺 (@dkphotographyau) on

最初の計画では、2016年にアイスランドでプロポーズを決行する予定だったのだが、なんと彼女が、デイルさんが隠していた婚約指輪を知らずに捨ててしまうというハプニングが発生! 

計画延期を余儀なくされた彼は、再び好機が巡って来るのを待っていたのだ。そして、2人がノルウェーのロフォーテン諸島を訪れた際、オーロラが空一帯を彩り始めた時に自撮り撮影をする振りをして、撮影準備を整えた彼がプロポーズ!

・息をのむほど幻想的なオーロラが美しすぎる~!

デイルさんが撮影したプロポーズ写真は、燃えるような美しいグリーンのオーロラをバックに、凍った湖にひざまついた彼がカイリーさんの手を握り締め、2人が見つめ合う最高にロマンチックな仕上がりとなっている。

こうして、カイリーさんは彼の結婚の申し込みに ‟YES” と答え、デイルさんの壮大なプロポーズ計画は大成功に終わったのであった。

それにしても、婚約指輪を捨てられてしまっても彼のプロポーズへの意志が折れなかったのは、「美しすぎるオーロラほど ‟奇跡” に近いものがあるな~」と思ってしまった筆者である。

参照元:Instagram @dkphotographyau
執筆:Nekolas